【ワンピースカードゲーム】《緑黒ペローナ》のデッキレシピと戦い方

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

【ワンピースカードゲーム】《緑黒ペローナ》のデッキレシピと戦い方について

『ワンピース カードゲーム』(ワンピカード)の「双璧の覇者」に収録されたリーダー「ペローナ」を使用した《黒緑ペローナ》のデッキレシピや回し方、 マリガン基準、デッキパーツ、入れ替え候補を紹介。

TEXT:森忍

《緑黒ペローナ》のデッキレシピ

リーダー枚数
ペローナ
[OP06-021]
1
キャラクター枚数キャラクター枚数
光月モモの助
[OP01-041]
4X・ドレーク
[OP01-054]
4
つる
[OP02-106]
4サボ
[OP04-083]
4
ブランニュー
[OP03-089]
4イッショウ
[OP03-078]
1
イゾウ
[OP01-033]
4ロロノア・ゾロ
[OP06-118]
3
雷ぞう
[OP01-052]
4イベント枚数
たしぎ
[ST06-006]
4氷河時代
[OP02-117]
2
クザン
[OP04-087]
4大噴火
[ST06-015]
4
リューマ
[OP06-036]
4

《緑黒ペローナ》の特徴

  • リーダー効果でキャラをレストにすることによる、相手キャラの処理のしやすさ
  • 「ドレーク」や「リューマ」と黒色のコストマイナスカードによる、除去のしやすさ
  • ブロッカーをレストにすることによる、リーサルのしやすさ

《緑黒ペローナ》の回し方

「モモの助」や「ブランニュー」で「リューマ」や「ドレーク」やカウンター値を集める。
「氷河時代」などのコストマイナスするカードと組み合わせ「リューマ」や「ドレーク」で有利な場を作る。
ゾロ」を登場させ、一気にリーサルする。

「モモの助」や「ブランニュー」で「リューマ」や「ドレーク」やカウンター値を集める。

リーダーのライフが4で、リソースを増やしにくいため、「モモの助」や「ブランニュー」でリソースを増やしながら戦う。

相手は「モモの助」の効果を連続で使われないために、「モモの助」にアタックしてくるため、ライフを守れる。

「氷河時代」などのコストマイナスするカードと組み合わせ「リューマ」や「ドレーク」で有利な場を作る。

リューマ」や「ドレーク」は中コストながらコスト4のキャラをKOできるため、リーダー効果や、コストをマイナスするカードと組み合わせて、キャラを処理し、有利な場を作る。

「ゾロ」を登場させ、一気にリーサルする。

盤面が有利になったら「ゾロ」を登場させる。

ゾロ」は、一気に決着を付けられる効果があるため、終盤までにある程度相手のライフを減らすようにする。

ゾロ」はサーチ手段がないため、手札に来なかった場合は「リューマ」や「ドレーク」を多く出して、アタック回数を増やす必要がある。

《緑黒ペローナ》のマリガン基準

序盤のドローソース。「モモの助」はカギになる「リューマ」につなげつつ、相手のアタックを受けて、自分の手札やライフを守るカードになる。

ライフを守る役割のある、2,000カウンターも優先的に集めたい。

《緑黒ペローナ》のデッキパーツ紹介

「ペローナ」

基本的に、相手キャラをレストして、バトルや効果でのKOしたり、終盤でブロッカーをレストにするために効果を使う。

「ロロノア・ゾロ」

場に残れば、勝利に近づくフィニッシャー。

登場後は、アクティブドン‼が残らず、次の相手のターンにリーサルされないように注意する。

リーダーのレスト効果で、ブロッカー1枚かつ、ライフ2以下であれば高確率でリーサルが可能なため、「ゾロ」を登場させる前に、ブロッカーを処理するなど、勝利から逆算したプレイングを意識する。

「リューマ」「ドレーク」

《黒緑ペローナ》のキーカード。

相手のキャラをKOしつつ、自分はキャラを登場させることで場のアドバンテージを得られる。

コストマイナスカードと、リーダー効果を使用することで、高コストキャラのKOも可能になる。

「モモの助」「雷ぞう」「サボ」

「雷ぞう」と「サボ」は特徴の指定がないドローソースなため、「ゾロ」を持ってきやすい。

サボ」は、「ゾロ」などが手札に溜まった時に、整理するためのカードとしても使える。

「雷ぞう」と「モモの助」は相性が良く、「雷ぞう」を「モモの助」でサーチでき、「雷ぞう」の効果を「モモの助」で使用しやすくなっている。

「大噴火」「氷河時代」「イッショウ」

「ドレーク」や「リューマ」、リーダー効果など組み合わせて使用したい、相手キャラのコストをマイナスするカード。

イッショウ」はハンデスしながらレスト範囲を広げられるため、リーサルにしやすくなる。

イッショウ」と「ゾロ」が場に並べば、勝利に近づくため、自分がリーサルされないように、相手キャラをKOしたい。

《緑黒ペローナ》の入れ替え候補カード

「しらほし」「ひな」「ヘルメッポ」

入れ替え候補:「イッショウ」「クザン」

相手キャラのコストをマイナスするカード。イベントカードと違い、場に出るためアタッカー、ブロッカーとして使用できる点が強力。

しらほし」は、カウンターをもっているため。場でも手札でも役割がある点が強力。

「ボルサリーノ」「ロシナンテ」

入れ替え候補:「クザン」「サボ」

追加のブロッカー。

黄猿」は相手ターンに効果でKOされないため、パワー6,000のブロッカーとしてライフや手札を守ってくれる。

ロシナンテ」はコスト2ブロッカーとしてリーサルを防ぐだけでなく、「雷ぞう」や「リューマ」、「ドレーク」などの中コストキャラを守る役割もある。

「カリファ」「ガープ」

入れ替え候補:「クザン」「ブランニュー」

追加の2,000カウンター。「ガープ」は特徴《海軍》であるため「ブランニュー」でサーチできる。

カリファ」は、手札のカウンターを持ってないカードの入れ替えや、「ゾロ」を引きたい場合にも使用できる。「リューマ」と合わせてコスト8でキャラを展開しながらキャラも処理できるため、相性が良い。

防御力を大事にしたいため、2,000カウンターを増やしたい場合は採用する。

「モリア」

入れ替え候補:「イッショウ」「ブランニュー」

手札の消費を抑えられるため、《黒緑ペローナ》と相性が良く、その中でも「リューマ」はコスト4で登場させるキャラとしては、最も相性が良い。

ゾロ」を登場させる前のターンに、登場させる黒の高コストキャラとして「イッショウ」と入れ替えで採用を検討したい。

関連記事


最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!


引用元
ONE PIECEカードゲーム公式サイト

権利表記
©尾田栄一郎/集英社 ©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています