アディダススニーカーの新作

全2836件 1〜30件目

アディダス スニーカー コーデ・サイズ感・通販などの人気投稿

みんなの投稿をもっと見る

アディダス スニーカー コーデ・サイズ感・通販などの新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

アディダスの情報

ブランド アディダス
出品数 12,164件
平均単価 30,476円
価格帯 4,000円 ~ 1,000,000円

アディダススニーカーの歴史

アディダス(ADIDAS)1948年に設立者、アドルフ・ダスラーの愛称アディーとダスを掛け合わせてドイツで生まれたブランドだ。
元々創業者のアドルフ・ダスラーは兄であるルドルフ・ダスラーと1920年代より兄弟でスポーツシューズを販売してた。
兄のダスラーが販売全般、弟のダスラーが靴職人として働いていたが経営方針の不一致で1948年に分裂することになった。
兄のルドルフ・ダスラーは翌年の1949年にプーマ(PUMA)を設立した。
ここから両ブランドの対立が始まった。
そしてアディダス(ADIDAS)はブランド発のシューズになるサッカースパイクサンバ(SAMBA)が1950年に誕生した。
サイドにデザインされた伝統的な3本ライン、通称スリーストライプはこの時代に生まれ今尚も伝統的なアディダス(ADIDAS)のデザインとして受け継がれている。
1969年にはバスケットボール用シューズとしてスーパースター(SUPER STAR)が誕生した。
発売当時キャンパス地のスニーカーが主流の中レザーモデルとして販売され履き心地の良さから一躍人気となった。
さらに80年代にはRUN-DMCとコラボすることでストリートシーンだけではなく、ファッションシーンでも取り上げられるスニーカーになった。
1973年には誰しもが一度は履いたことがあるのではないかと思うスタンスミス(STANSMITH)が登場した。
偉大なテニスプレーヤーの名前をそのままスニーカーに名付けたこのスニーカーはギネスブックで認定されるほど世界で売れており、シンプルでファッションと合わせやすいことはもちろんのことレザースニーカーの欠点とも言われる通気性の悪さをパンチングを施すことで解消した。
90年代にはリーボック(REEBOK)を傘下に含み会社として更に大きくなっていった。
2001年にはスポーツ向けとストリート向け商品を分けるためストリート向け用品としてアディダスオリジナルスを設立した。
それ以降、ヨウジヤマモトとのコラボよりY-3を打ち出したり、ハイク(HYKE)やラフシモンズ(RAF SIMONS)とコラボを果たし話題を呼んだ。
2015年には人気音楽プロデューサー、カニエ・ウェストとのコラボよりイージーブースト(YEEZY BOOS)が登場。
発売されてから、4年経つが未だに人気の火がおさまらないアディダス(ADIDAS)を今引っ張っていると言っても過言ではない超人気スニーカーだ。

写真や雑談を投稿

アディダス(adidas)の全モデル

今日の人気スニーカーランキング

新着記事

ブランド一覧