【ポケカ】ノーマル高額カードの買取価格と相場価格一覧

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

【ポケカ】ノーマル高額カードの買取価格と相場価格一覧について

『ポケモンカードゲーム』(ポケカ)ではSARやSRといったレアリティの高いカード以外の、ノーマルカードであっても高額になることがある。

今回はそんな「ノーマル高額カード」の特徴や、代表的なカードを12種類紹介していく。

ノーマルにも高額カードはある?

ポケカで高額になるカードといえば、封入率の低いSARやSR、HRなどの高レアリティカードの傾向が高い。

そもそもノーマルカードとは、上の「イーブイ」のカードのようなコモンやアンコモンのカードで、通常のパックには必ず1枚は入っているカードのことを指す。

手に入りやすく価格が高騰することはあまりないカードだが、その中にいくつか存在する「高額カード」を紹介する。

どんなカードが高額ノーマルカードになるの?

封入率が高く手に入れやすいことから、ノーマルカードが高額化するのは珍しい。

しかし、条件が整うことで、高額化する事例も存在する。その理由は、大きく分けて以下の3つだ。

➀バトルで使いやすい汎用性が高いカード

バトルで使いやすく、汎用性の高いカードはノーマルカードであっても高額になりやすい。

ポケカの相場価格は、収録パックの再販や再録などによっても変化する。

しかし、その需要の大半がプレイヤーによるもののため、スタンダードレギュレーションを外れると大きく値下がりするケースが多い。

➁すでに絶版になっているカード

月明かりの丘

対戦に役立つカードであるのに、収録パック自体の再販がないなど、いわゆる絶版状態であるカードも価格が高騰しがちだ。

収録されているパックやボックスの相場に影響を与えることもある。再録が決まると、既存のカードの相場は下落しやすい。

➂ジムバトルなどのプロモーションカード

ジムバトル屋イベントに参加することで入手できるプロモーションカード。

通常販売がなく、イベントに参加した人にしか配布されないため流通枚数が比較的少ない。

また、複数のカードがランダムで手に入るような「プロモカードパック」という形式で配布されることが多いため狙って当てることが難しく、高額になるケースが存在する。

ノーマルカードの中でも人気のあるカードは?

ノーマルカードで人気のあるカードは、バトルで使いやすいカードのため、スタンダードレギュレーションであることが重要だ。

2024年3月現在のスタンダードレギュレーションはF~H。Eまでのカードはスタンダードレギュレーション外(通称「レギュ落ち」)。そのため、直近でレギュ落ちした"E”のカードの相場は下落している。

多くの大会で採用されるスタンダードレギュレーション内のノーマルカードは需要が高いが、殿堂やエクストラなどといったレギュレーションでのみ使用できるカードの需要は、下がる傾向にある。

高額ノーマルカード12選

ここからは2024年3月現在、高額がつきやすいノーマルカードを12種類紹介する。ポケモンやどうぐ、サポートなどさまざまなカードがあるため、チェックしてみてほしい。

※スニダン相場をはじめ、フリマサービスの売値を参考。適正価格ではない可能性があります。
※3/24時点の「スニダントレカ秋葉原店」の買取価格を参照。
※最新情報は店舗の公式SNS(@snkrdunk_akiba)でご確認ください。

ポケストップの相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
780円 300円

自分の番に1度、山札を上から引き、その中にあるグッズカードを相手に見せて手札に加えるという効果のカード。

場に出続けている限りカードの効果が続くため、自分の番に1度しか使えないサポートカードの権利を活用できたりするために便利だ。

なかよしポフィンの相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
900円 500円

2024年1月26日発売の「ワイルドフォース」に収録されたカード。ベンチポケモンを素早く展開できるため攻撃までの工数を短縮できる。

バトル環境で活躍しており、デッキに複数枚採用されるカードであるために高額化している。

いれかえカートの相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
600円 200円

ポケカバトルでは、たった30の回復が勝敗の決め手になる、という可能性もある。

同じような効果を持つがHPの回復しない「ポケモンいれかえ」よりも使用者が多く、人気が高いことから高額化している。

キャプチャーアロマの相場価格と買取価格

キャプチャーアロマ
相場価格 買取価格
500円 300円

確実にポケモンを持ってくることができる便利な効果となっているため、大会で使用されることが多いカードだ。

2022年9月発売の『白熱のアルカナ』以降に再録がされていないため希少性が高く、価格が高騰している。

ネストボールの相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
300円 200円

「ネストボール」は山札からたねポケモンを1枚選んでベンチに出す効果を持つグッズだ。

たねポケモンをノーコストでベンチに出せる便利さから、多くの人がデッキに複数枚採用しており、その人気の高さからノーマルカードも高額となっている。

ジェットエネルギーの相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
800円 450円

「ジェットエネルギー」は「いれかえカート」や「ポケモンいれかえ」といった入れ替えるためのカードを使わず、エネルギーをつけると同時にバトルポケモンと入れ替えられることがメリット。

スピード感が勝敗を分けるバトル環境で重宝されているため、価格が高騰している。

ギフトエネルギーの相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
700円 400円

相手にサイドを取られても、手札が増えればそこから逆転を狙える可能性がある。逆転を狙いたいときに「ギフトエネルギー」は強いカードであることから人気が高く、価格が高騰している。

森の封印石の相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
450円 100円

VSTARルールを使用するデッキのうち、環境でトップレベルに強力な「アルセウスVSTAR」を採用しない、他の特別なルールを持つカードをメインに構成されたデッキへの採用率が高い。

月明かりの丘の相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
1,000円 300円

2023年7月に配布が開始したプロモーションカード。

環境でよく使われているサーナイトexデッキとの相性が良い。このデッキは2023年のWCSでも準優勝、現在でもさまざまな大会で優勝しているため、このカードの需要も高いということだ。

ともだちてちょうの相場価格と買取価格

ともだちてちょう
相場価格 買取価格
400円 150円

レギュレーション"D”として初登場し、その後"G”となって再録された。

グッズという特性上、バトルで活躍できるカードとしてデッキへ複数枚採用されるケースが多いために高額化している。

カウンターキャッチャーの相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
400円 150円

「カウンターキャッチャー」は、ベンチへの攻撃ができるカードや、相手の山札切れを促すような「LOデッキ」などとの相性がいい。

同じような効果を持つカードが少ないこと、グッズという利便性が影響して高額になっている。

大地の器の相場価格と買取価格

相場価格 買取価格
400円 150円

エネルギーが多く付いていることでダメージが上がるのが特徴の「サーフゴー」や「パオジアン」との相性がいいカード。

これらのデッキは現環境で多く使われていることもあり、それに比例してこのカードを採用しているプレイヤーが多いことから、高額カードとなっている。

関連記事


最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!

App store / Google play

引用元
ポケモンカードゲーム公式ホームページ

権利表記
©Pokémon. ©Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています