【スニダンで購入可】5/11発売 TRAVIS SCOTT × NIKE AIR JORDAN 1 RETRO HIGH OG 抽選/定価/販売店舗まとめ の投稿一覧 (1607件)

やっぱり、そうなりますよね〜。。。
来年は50歳の節目って事で、先日ウブロを購
ユーザーアイコン

とんこつピストルズ

やっぱり、そうなりますよね〜。。。
来年は50歳の節目って事で、先日ウブロを購入して持ち帰った日のやり取りです。
相方ちゃん『えっと。。私たちは確か〜幼馴染の同級生だよね〜❓と言う事は〜私も来年は50歳❗️』と満面の笑みでバチバチにメンチを切ってくるのです😆
は、はい⁉️
〜ゴニョゴニョ〜相方ちゃんのプレゼン約3分割愛✨
そんなこんなで、時計屋さんにGO❗️
好みが似てるのは分かってるので、僕は内心ヒヤヒヤ相方ちゃんはニコニコでショーケースを眺めてました。
すると相方ちゃんが『これだっ❗️』と指さしたのがマットブラックなホイヤーのカレラ01だったのです。
トゥールビヨンでも良かったのですが、渋々了承した様に見せかけてた僕でしたけど、実はこのモデルはウブロを買う時に迷って買わなかったモデルだった事はナ・イ・ショ🤭
結果、相方ちゃんと気分でウブロとホイヤーをシェアできるのでWin-Winやったな〜って話しでした。
お気に入りのスニーカー履いて腕時計をシェアして、ワイワイしながら50代を謳歌したいと思います👍
長文失礼しました👏🏻
#出たがり

56

2022/11/24

ユニオン×ナイキ エアジョーダン1 レトロ ハイ OG NRG バーシティレッド/ウルフ グレー

ユニオン×ナイキ エアジョーダン1 レトロ ハイ OG NRG バーシティレッド/ウルフ グレー

NIKE文化遺産シリーズ
2004年幻のpromo sample(F&F)とH
ユーザーアイコン

Keroro.Shinken

NIKE文化遺産シリーズ
2004年幻のpromo sample(F&F)とHTM誕生秘話(第一章)

本日は、今現在も謎の多いfragment airforce1 hyperstrike (F&F)とこのシリーズの進化をより多くの方々にご認知して頂けますように、もっと明確に整理していきたいと思います。

2001年に藤原ヒロシ氏がNikeとのアーティスティックコンサルタント契約を締結して翌年の2002年、に誕生したNIKEHTMシリーズ。

3人の有名デザイナーにちなんで名付けられこのシリーズは、Nikeの多くのAIR JORDANシリーズのソウルデザイナーであるティンカーハットフィールドと、NIKEのCEOであるマークパーカー、日本のストリートファッションカルチャーを代表するゴッドファーザーこと藤原ヒロシ氏の頭文字であるH.T.Mから誕生しました。

このHTMシリーズは2002年から登場し、現在に至るまで長年にわたり、多くの傑作を世に生み出しました。

2002年最初のリリースとなとったHTMシリーズは、藤原ヒロシ氏自身が愛したAIRWOVENをベースに6色展開にてリリースされました。

RAINBOWAIRWOVENは今でも歴史に残る傑作です。

その後藤原ヒロシ氏は2002年の終わりに歴史に残る衝撃的な傑作を世に送り出しました。
HTM AIR FORCE 1と名付けらた2色展開の限定モデルは、NIKEの歴史の中でシグネチャーシューズであるAIR FORCE1を使用して作成され、"HTM AIR WOVEN"と同様に、世界限定の1500足のみが作成され(黒+茶色の750足、合計1500足)
ボディのレザーは、アメリカの高級ブティックブランドのコーチレザーと同じ高品質のレザーでできていると言われています。
スニーカーの各ペアには、ナンバリングと特別な引き出し型のスペシャルボックスが付属し、リリース直後から一大旋風を巻き起こしました。

いわゆる原宿ストリートファッションが流行っていた時代の出来事です。


それから2年後の2004年

皆様にもご存知の方が多くいらっしゃる名作HTM AIR FORCE 1 の2ndモデルがリリースされました。

黒と白のクロコダイル調の型押しアッパーで構成された2色は、ワールドワイド展開でリリースされ、2色の合計数は3012足となり通常のオレンジboxと日本限定となるHEADPORTERとAD21でのみで販売された引き出しバージョンの特別なスペシャルboxバージョンがリリースされました。

AD21は、2002年頃にナイキと藤原ヒロシ氏が原宿にオープンしたイメージコンセプトストアです。

そして同時期にこのモデルをベースに作成されたのが本日ご紹介させて頂きます、スペシャルモデルです。

白黒茶の3色展開された本作は、HTM2同様のクロコダイル調の型押しレザーにライニングには一般リリースモデルとは異なるハイクオリティレザーを使用し、ヒールサイドにはお馴染みのフラグメントのサンダーロゴ、ヒール後方にはfragmentの刺繍を施したモデルとなり製造されたペア数は、各色僅か12足前後(諸説あり)とも言われ、当時の藤原ヒロシ氏のより直近の方々にのみ配られた幻のpromo sample (F&F)モデルです。

一般的にNIKEのスニーカーに初めてフラグメントロゴが採用されたのは2005年のHTMからと言われていますが、原案となるロゴの発祥は2004年になり今では馴染みの深い世界中で愛されているfragmentロゴはこのモデルから派生し、今現在に至ります。

2020年にインタビューにてAir Force 1は自身にとっての“夢の靴”であると明言していたように、彼にとってスペシャルな 1足はここからスタートしました。

(※WORMさんのショーケース中で展示されているモデルは2008HTM 48足限定 hyper strike (F&F) となり現品とは異なります。こちらにつきましては後日追記致します。)

☆fragment AF1 2004 F&F

☆生産足数

 12足前後

☆二次流通価格

 3000,000円〜ASK

0

2022/01/28

トラヴィス・スコット × ナイキ エアジョーダン1 レトロ ハイ OG

トラヴィス・スコット × ナイキ エアジョーダン1 レトロ ハイ OG