ハイブランドのロゴに込められた想いとは?【コラム】

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

ハイブランドのロゴに込められた想いとは?【コラム】について

ブランドの顔として周知されているロゴは、ブランドをひと目で判断できる重要なものですね。特にハイブランドのロゴは世界的にも知れ渡っており、ロゴが入ったアイテムを所有するのが一種のステータスと考える人もいるでしょう。

こちらの記事では、そんなブランドロゴの特徴や由来、またブランドの歴史などについて解説します。ロゴに秘められた意味を知ることで、好きなブランドへの理解がより深まるでしょう。


 

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

モノグラムが世界的に有名な「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」。ブランドロゴの特徴や由来などについて見ていきましょう。


LOUIS VITTON(ルイ・ヴィトン)のロゴマーク(LVマーク・モノグラム・ダミエ)の由来

ルイヴィトンのロゴといえば、頭文字のLとVを組み合わせたイニシャルデザインが特徴です。ブランド定番のモノグラムラインは、イニシャルデザインと花や星などをモチーフにしたロゴが組み合わさったデザインとなっています。

LOUIS VITTON(ルイ・ヴィトン)のラインナップ

ルイ・ヴィトンの登場以来、ブランドの人気を支え続けているのがモノグラムラインです。モノグラムは1896年に登場したラインで、性別を問わず人気なのが特徴。ベースのモノグラムラインに加え、「モノグラム・アンプラント」「モノグラム・デニム」「モノグラム・マカサー」などさまざまなシリーズがあります。

Louis Vuitton Monogram Speedy Bandoulière 25
ルイ・ヴィトン モノグラム スピーディ・バンドリエール 25
スニダンでルイ・ヴィトン モノグラム スピーディ・バンドリエール 25をCheckする


CHANEL(シャネル)

レディースにこだわりの強い「CHANEL(シャネル)」は、世界中の女性が憧れるラグジュアリーブランドです。


CHANEL(シャネル)のロゴマーク(ココマーク)の由来

1910年に帽子専門店からスタートした「シャネル」のブランド名は、創業者である「ガブリエル・シャネル」のファミリーネームから取られています。コーポレートカラーのブラックにホワイトの文字で「CHANEL」と書かれたロゴは有名ですね。ただの会社のロゴとしてだけではなく、財布やバッグ、洋服、小物などのモチーフとしても使用されています。

また、アルファベットのCを2つ、左右対象に重ねた「ココマーク(ダブルCマーク)」もシャネルのロゴとしてさまざまなアイテムに登場しています。ちなみに、「ココ」とは若き日の「ガブリエル・シャネル」のニックネームです。Cの文字が書かれた紙2枚が偶然重ね合わさったことや、南フランスにあるシャトー・ド・クレマというお城の壁画がココマーク誕生のきっかけと言われています。


CHANEL(シャネル)のラインナップ

シャネルを代表する「マトラッセ」は、キルトの格子柄が印象的なシリーズです。羊革素材(ラムスキン)をはじめ、牛革素材(キャビアスキン)やツイード素材、カラーバリエーションが豊富なキャンバス素材などさまざまな素材で展開しています。カラーは定番のブラックの他、シャネルのテーマカラーであるレッドやホワイト、ブラウンなども人気ですよ。

CHANEL lambskin Matelasse "Black"
シャネル ラムスキン マトラッセ ショルダー "ブラック"
スニダンでシャネル ラムスキン マトラッセ ショルダー ブラックをCheckする


GUCCI(グッチ)

上品で洗練されたアイテムが世界中の人に愛されているブランド「GUCCI(グッチ)」。ここでは、グッチのロゴの特徴や由来について解説します。


GUCCI(グッチ)のロゴマーク(GGマーク)の由来

グッチのロゴマークは、アルファベットのGを重ねたシンプルなシルエットが印象的です。この「GGマーク(GGロゴ)」はグッチの創業者「グッチオ・グッチ」のイニシャルからデザインされたもの。実は、イニシャルをロゴマークに使用したブランドはグッチが初めてだといわれています。

ロゴを初めて製品に採用したのは、「グッチオ・グッチ」の息子「アルド・グッチ」でした。デザイナー本人の名前をロゴにすることで、製品の品質を保証するという強い思いが込められています。繊細ながらも存在感を放つロゴデザインは、ブランドの価値を大きく高める手助けとなりました。


GUCCI(グッチ)のラインナップ

グッチを代表する「GGキャンバス」は、ダイヤモンド柄のディアマンテにダブルGを組み合わせたデザインが特徴です。発表されるとすぐに多くのセレブに愛用され、世界中でヒットすることになります。高い品質とオリジナルのモノグラムは話題を呼び、バッグから小物までさまざまなアイテムに登場しています。

Gucci Sherry Line Tote Bag "Brown"
グッチ シェリーライン トートバッグ "ブラウン"
スニダンでグッチ シェリーライン トートバッグ ”ブラウン”をCheckする


COACH(コーチ)

世界的に有名なバッグブランドとして知られる「COACH(コーチ)」のロゴの特徴や由来について見ていきましょう。


COACH(コーチ)のロゴマーク(馬車のロゴ)の由来

1941年にニューヨークで創業した「コーチ」のブランド名は、ハンガリーにある町「Kocs(コチ)」が由来となっています。コチはサスペンション付きの4輪馬車を製造した町として知られており、「コチ=馬車」を意味するほどに有名です。当時、馬車は貴族や高価なものを運ぶ時に使用される贅沢なものでした。

馬車が「大切な人やものを目的地まで運ぶ」ことから、「コーチ」と名付けられたと言われています。ブランドロゴにはコチの馬車が描かれています。

COACH(コーチ)のラインナップ

2001年に発表された「シグネチャー・コレクション」は、コーチを代表するラインです。シグネチャーとは日本語で「サイン」を表し、コーチの頭文字Cをモノグラムに織り込んだデザインが爆発的な人気を呼びます。シグネチャーコレクションの中でも特に支持を得ているのが、「ストライプシリーズ」で、コーチのアイコンアイテムとして世界中で愛されています。

COACH Signature Stripe Duffle Shoulder Bag "Brown"
コーチ シグネチャー ストライプ ダッフル ショルダーバッグ "ブラウン"
スニダンでコーチ シグネチャー ストライプ ダッフル ショルダーバッグ "ブラウン"をCheckする


FENDI(フェンディ)

伝統とトレンドをほどよくミックスしたアイテムが人気の「FENDI(フェンディ)」。ブランドロゴの特徴や由来などを紹介します。


FENDI(フェンディ)のロゴマーク(FFロゴ)の由来

1925年にローマで創業した「フェンディ」は皮革小物店としてスタートを切りました。現在ではイタリアを代表する高級ブランドへと成長しています。フェンディの象徴的なロゴ「FFロゴ」は、1965年にデザイナーの「カール・ラガーフェルド」氏が作ったものです。フェンディを象徴するファーからインスピレーションを得て、「FUN FUR(ファンファー)」の頭文字を取ったと言われています。

フェンディはその後、2000年と2013年にロゴを変更しています。最新のロゴはよりフェミニンな要素を落とし込み、ブランド名の下に「ROMA」の文字が加えられています。


FENDI(フェンディ)のラインナップ

フェンディの「バゲット」は2019年に復活した定番アイテムです。フランスパンを小脇に抱えるようなバッグとして、その使い勝手の良さが人気を呼びました。シンプルな単色のものから刺繍やビーズ、フリンジなどを施した華やかなデザインのものまで、実に1,000以上のバリエーションがあります。

Fendi Mamma Baguette Shoulder Bag "Brown"
フェンディ マンマ バケット ショルダーバッグ "ブラウン"
スニダンでフェンディ マンマ バケット ショルダーバッグ "ブラウン"をCheckする


PRADA(プラダ)

控えめでエレガントな印象の「PRADA(プラダ)」のロゴ。ここでは、プラダのロゴの特徴や由来について解説します。


PRADA(プラダ)のロゴマークの由来

「プラダ」は、「マリオ・プラダ&マルティーノ・プラダ」がミラノで1913年に創業したブランドです。当時、珍しいワニやヘビ、象などの高品質な革を使用したアイテムはブルジョワ層の人気を集め、イタリア王室の御用達となります。ブランドロゴにはサヴォワ国の旗である十字をあしらった紋章を使用することを王室から許可されました。イタリア王室のお墨付きをもらったロゴは、当時他のブランドと大きな差をつけることに成功します。

しかしその後、時代の変化によりロゴから紋章を取り除き、シンプルに「PRADA」というロゴが使われるようになりました。ロゴは主に、シンプルな文字だけのもの、バッグや財布などに見られるトライアングルデザイン、かつての王室デザインを思わせるカナパ象徴のデザインの3種類です。


PRADA(プラダ)のラインナップ

プラダの代表的なラインは「ポコノ」です。ブラックのナイロン素材(ポコノ)は、薄く丈夫でシルクのような滑らかな手触りが魅力です。撥水性も高いため、雨の日でも使いやすい点もうれしいですね。

PRADA Pocono Mini Handle Bag "Black"
プラダ ポコノ ミニ ハンドバッグ "ブラック"
スニダンでプラダ ポコノ ミニ ハンドバッグ "ブラック"をCheckする


BURBERRY(バーバリー)

「バーバリーチェック」が有名なブランド「BURBERRY(バーバリー)」は、騎士をシンボルにした格式高いロゴが印象的です。ここでは、そんなロゴの特徴や由来について解説します。


BURBERRY(バーバリー)のロゴマークの由来 

1856年にトーマス・バーバリー氏によって創業された「バーバリー」は、160年以上の歴史があるイギリスのブランドです。耐久性や耐水性に優れた素材「ギャバジン」を開発し、英国陸海軍にトレンチコートが採用されたことから名を知られるようになります。ブランドロゴは、鎧を身にまとった騎士が馬にまたがっている勇ましい姿。ブランドのシンボルマークとしてご存じの方も多いでしょう。

1920年代にはコートの裏地に「バーバリーチェック」を落とし込んで世界中に広めました。2018年にはロゴを「BURBERRY LONDON ENGLAND(バーバリーロンドンイングランド)」へと変更し、よりやわらかく丸みのある書体が使用されています。それに伴い、これまで使用されていた騎士のシンボルをなくしています。


BURBERRY(バーバリー)のラインナップ

「バーバリー・プローサム」はバーバリーの最高級ラインで、世界的なセレブも多く愛用していることで有名です。カジュアルな普段着というよりは、パーティーなどの華やかなシーンの勝負服といったイメージでしょう。ラグジュアリーなレザーやクロコなどを使用したアイテムもあります。

よりカジュアルで親しみやすいラインが「バーバリー・ロンドン」です。日常使いにぴったりのアイテムが多く、コートやスーツ、日常着、アクセサリーなどを展開しています。ブリティッシュテイストを基本に、クラシカルながらも現代性を取り入れたデザインが特徴です。

Burberry London Check Shoulder Bag
バーバリー ロンドン チェック ショルダーバッグ
スニダンでバーバリー ロンドン チェック ショルダーバッグをCheckする


まとめ

世界的に有名なハイブランドのロゴには、さまざまな意味が込められていることがわかりましたね。日頃何気なく目にしていたロゴも、その意味や由来を知ることでより商品に対して愛着が湧くはずです。

フリマアプリ「スニーカーダンク」では、専門鑑定士による無料の真贋鑑定が付いているため安心してハイブランドの購入ができます。新作情報やコミュニティも充実しているので、ぜひお気軽にご利用ください。

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

スニダンかんたんショップ

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています