【ワンピースカードゲーム】《青ハンコック》のデッキレシピと戦い方

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

【ワンピースカードゲーム】《青ハンコック》のデッキレシピと戦い方について

『ワンピース カードゲーム』(ワンピカード)の「500年後の未来」に収録されたリーダー「ボア・ハンコック」を使用した《青ハンコック》のデッキレシピや回し方、 マリガン基準、デッキパーツ、入れ替え候補を紹介。

TEXT:森忍

《青ハンコック》のデッキレシピ

《青ハンコック》の特徴

  • ドロー効果を豊富に持っており、バウンスをする青と好相性
  • 特徴《王下七武海》と《九蛇海賊団》をサーチできるカードが豊富
  • 「芳香脚」でのリーサルが可能

《青ハンコック》の回し方

「センゴク」や「グロリオーサ」で手札を整えつつ、リーダー効果の対象を用意する。
「三千世界」、「ハンコック」、「そげキング」などでリソース差広げる。
相手のライフを0にし、「芳香脚」でリーサルをする。

「センゴク」や「グロリオーサ」で手札を整えつつ、リーダー効果の対象を用意する。

中盤以降に必要な「ハンコック」や「ミホーク」をサーチする。

「クロコダイル」などでもバウンスできるため、局面によってはリーダー効果を使用するためにバウンスさせても良い。

「三千世界」、「ハンコック」、「そげキング」などでリソース差広げる。

「三千世界」や「そげキング」でリソース差を広げる。

「ハンコック」は相手のアタックを一回止められ、コスト1のキャラを除去できればリソース差を広げられる。

相手のライフを0にし、「芳香脚」でリーサルをする。

「ミホーク」まで登場させられれば、リーサル勝負に持ち込められる。

「芳香脚」は、赤色の「悪魔風脚」と比較するとコスト2でパワーも+2,000できるため強力。

上級者は手札にあるフリをして戦い、リーサル勝負するのもおすすめである。

《青ハンコック》のマリガン基準

サーチカードである「センゴク」と「グロリオーサ」、サーチできないが序盤に使いたい「三千世界」はマリガン基準にしたい。

相手のデッキによっては、キャラをテンポよく処理することでリーダー効果でアドバンテージを広げやすい。

またコスト6の「ハンコック」や「ミホーク」につなげたいため、早い段階でサーチしたい。

《青ハンコック》のデッキパーツ紹介

「ボア・ハンコック」

青単リーダーでドンを付与せずドローができるようになった点が強力。

手札が5枚以下という制限があるものの、何かしらでバウンスするだけで良いので青系カードと相性が良く、各ターンにカードを除去するだけでアドバンテージが稼げる。

「センゴク」「グロリオーサ」

《王下七武海》と《九蛇海賊団》をサーチできる初動に使いたいカード。

どちらも「ハンコック」をサーチできるため、リーダー効果と「ハンコック」の効果を合わせてドローしやすくなる。

序盤であれば「女ヶ島」、中盤以降であれば「ミホーク」をサーチしたいため、サーチ対象に合わせて使用する。

「サンダーソニア」「クロコダイル」「ロー」

リーダー効果と組み合わせる中コストキャラ。2,000カウンターであるため、終盤でも活躍する。

自分のカードをバウンスする場合、タイミングによっては手札が6枚以上になるケースも多いため、確認してカウンターを使用したい。

「ハンコック」「そげキング」「ミホーク」

リーダー効果と組み合わせながら、有利な場をつくれるキャラ。

「ハンコック」はバウンスできないが、終盤に相手のリーサルを遅らせられる点が強力。

「そげキング」以外はサーチができるので、序盤から必要な枚数を集めたい。

「芳香脚」

「悪魔風脚」の強化版だと思えば、その強さがわかるだろう。

リーサル時に使うカードだが「悪魔風脚」が1コスト分キャラに振るためのドンを失うのに対し、「芳香脚」は使った2ドン分だけキャラをパンプできる。

このカードで勝つことを視野に入れてプレイ方針を作りたい。

《青ハンコック》の入れ替え候補カード

「マーガレット」

入れ替え候補:「サロメ」

ドローできるブロッカー。

カウンター値を持たないが「2億V雷神」が流行している環境では、ブロッカー意外にもドローできる点が強力。

特徴に《アマゾンリリー》を持っているため、強い局面も多い。

「戦桃丸」「パシフィスタ」「つる」「たしぎ」

入れ替え候補:「グロリオーサ」「サンダーソニア」「サロメ」「クロコダイル」

デッキ構成を《王下七武海》と《海軍》に寄せる場合に入れ替える。

《青黒サカズキ》が少ない環境であれば「戦桃丸」のギミックは強力で、「たしぎ」と合わせて安定した動きが可能。

状況によってバウンス効果をもつ「つる」を2,000カウンター枠として入れることで、デッキの方向性を変えられる。

「ボルサリーノ」「重力刀」

入れ替え候補:「そげキング」

「そげキング」と違い相手のリソースも奪えるため、手札枚数で有利になれる。

両方ともカウンター値を持っておらず、「そげキング」のように手札を整える役割もなくなるため、入れ替える場合はカウンター値の枚数をデッキ全体で調整したい。

「プリン」

入れ替え候補:「そげキング」

相手の手札枚数によっては、ハンデスでき、相手のゲームプランを崩すことが可能。

パワー4,000であるため、ドンの付与無しでは相手のリーダーにアタックできないので注意が必要である。

関連記事


最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!

App store / Google play

引用元
ONE PIECEカードゲーム公式サイト

権利表記
©尾田栄一郎/集英社 ©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています