フラッグシップからハイテクまで!ニューバランス1000番台のおすすめモデル5選|コラム

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

フラッグシップからハイテクまで!ニューバランス1000番台のおすすめモデル5選|コラム 1枚目 via:PR TIMES

フラッグシップからハイテクまで!ニューバランス1000番台のおすすめモデル5選|コラムについて

New Balance(ニューバランス)の快適性を堪能できるのが、1000番台のモデルです。フラッグシップモデルからハイテクモデルまで並ぶラインナップを見れば、選ぶ楽しみを実感できること間違いなし。ニューバランス1000番台の魅力や、おすすめを紹介します。

目次

ニューバランス1000番台の特徴

ニューバランスの1000番台は1300番から1700番までの5種類があります。それぞれ特徴は異なるので、違いを理解しておきましょう。

ニューバランス1000番台の特徴を紹介します。

【1300・1400・1500番】

1985年にリリースされた1300は、クッショニングシステム「ENCAP(エンキャップ)」を初搭載したフラッグシップモデルです。ずば抜けたクッション性と安定性を持ち、履き心地は快適そのもの。高価格・高スペックなことから、「スニーカー界のロールスロイス」などとよばれることもあります。

続いて登場したのは1500です。人工皮革が採用されたアッパーと一体型のミッドソールを持ち、Nロゴも小さくなりました。1300よりもハイテク感が強く、スタイリッシュな印象となっています。

1400が登場したのは、1500から5年後の1994年です。発売が遅れたのは、当時の技術では製品化が困難だったためといわれています。1300のムードを継承したデザインは、無骨でクラシック。Nマークのサイズも大きくなり、今なお人気の高いモデルです。

【1600・1700番】

1600は、衝撃吸収と反発弾性を備えたクッショニング素材「ABZORB(アブゾーブ)」が搭載されたハイテクモデルです。一体成型のポリウレタンミッドソールやスモールサイズのNロゴなどを備えており、1500の流れがそのまま継承されました。

ただし、アッパー部分のメッシュが消えていたり、ヒール部分に「ABZORB」の刺繍が入っていたりなど、若干の変化もあります。

アブゾーブをミッドソール全体に搭載した1700は、高い衝撃吸収性と反発弾性が特徴です。デザインは1500・1600の流れを汲みつつ、よりハイテク感高めに仕上げられています。

1000番台の最後を飾るにふさわしいモデルは、当時3万9,000円という高価格設定で世間を驚かせました。

【数字の前のアルファベットにも注目】

ニューバランスのスニーカーは、数字の前にアルファベットが記載されています。これは、スニーカーのカテゴリーを示すものです。

主なものとして、以下のアルファベットがあります。

M:メンズ
W:レディース
U:ユニセックス
CM:アジア製

このほか、メンズ用ランニングシューズやレディース用ランニングシューズを意味する「MR」「WR」などと書かれているモデルもあります。

ニューバランス1300・1400・1500のおすすめ

ニューバランスを代表する人気モデルがそろう1000番台。中でも初期の1300・1400・1500は、今なお高い人気を誇ります。

1300~1400のラインナップから、人気の高いモデルを見ていきましょう。

ヘリテージのムードを継承
M1300AR "グリーン"

M1300AR グリーン 画像 ニューバランスのヘリテージモデルをアップデートして作られた、USA復刻版です。

上質なスウェード×ナイロンのコンビネーション、厚みのあるミッドソールは、伝説のスニーカーのディテールをそのまま継承。レトロなグリーンカラーなら、クラシックな魅力がより一層引き立ちます。

オリジナルのムードをしっかり備えつつも、M577と同じ構造のエンキャップミッドソールが搭載されていたりデザインが細身になっていたりと、今のムードに合わせたアップデートも行われています。

ニューバランスの1000番台の購入を考えているなら、ぜひ候補にいれておきたい1足です。

スニダンで「M1300AR "グリーン"」をもっと見る

清涼感のあるカラーリング
M1400 "スティール ブルー"

M1400 スティール ブルー 画像 1994年にリリースされた1400の復刻モデルです。ピッグスキンスウェードとメッシュのアッパーは、Wolverine社で作られたもの。当時のムードを今に伝えるUSA復刻版は、ファンの間では特に高い人気を誇ります。

オリジナルでも採用されていたスティールブルーは、鋼鉄を思わせるスタイリッシュなグレーカラー。ニューバランスらしい清涼感のあるカラーリングは、ファンならずとも1足は持っておきたいところです。

機能面では、1400の高いスペックをそのまま継承しています。高いクッション性と安定性を備えており、快適な履き心地です。

スニダンで「M1400 "スティール ブルー"」をもっと見る

エレガントなUK製
M1500BSG "グレー"

M1500BSG グレー 画像 上質なピッグスキンスウェードとメッシュパネルで構成された、ニューバランスらしいデザインです。一体型のソールやエンキャップを搭載し、1500ならではのハイテク感を楽しめます。

オリジナルそのままのデザインですが、メッシュパネルの面積が少なくなっていたり、Nロゴが刺繍で仕立てられていたりとマイナーチェンジも見られます。シルエットもシャープになり、上品なジャケットスタイルにもマッチしそうです。

またこちらのモデルは、UK産のアッパーを備えている点も見逃せません。淡いブルー×グレーのカラーリングは、クラシカルでありつつもエレガント。最先端技術とヘリテージの魅力を併せ持つ1500は、大人が履けるスニーカーを探している人におすすめです。

スニダンで「M1500BSG "グレー"」をもっと見る

ニューバランス1600・1700のおすすめ

1600・1700は、高い機能性を持つハイテクモデル。デザインだけではなく履き心地や実用性も重視したいなら、両モデルをチェックしてみましょう。

1600・1700から、おすすめのモデルを紹介します。

コスパ抜群のハイテクモデル
CM1600 "ネイビー"

CM1600 ネイビー 画像 優れた衝撃吸収性と反発弾性を備えるクッショニングシステム「アブゾーブ」を搭載したモデルです。高度なクッション性と安定性を持つエンキャップも採用されており、最高レベルの履き心地が実現されています。

一方デザインは、ハイテク感のある流線型が特徴です。おなじみのシンセティックレザー×メッシュ素材のアッパーには小ぶりなNロゴが配置されており、90年代のムードたっぷり。

定番のネイビーカラーはスタイリッシュな印象が際立ち、足元の印象を大きくアップしてくれます。

USA版やUK版と比較して価格も控え目なため、ニューバランスのハイテクモデルを気軽に試してみたい人には特におすすめです。

スニダンで「CM1600 "ネイビー"」をもっと見る

1000番台の最高峰
M1700GRA "グレー"

M1700GRA グレー 画像 1000番台の最高傑作ともいわれる1700が、人気の高いUSA版で復刻されました。

ミッドソールに高衝撃吸収性、高反発弾性を備えたアブゾーブを搭載しているほか、アウトソールには高いグリップ力を持つ「Nデュランス」を採用。ニューバランスの快適性と安定性を最高レベルで実感したい人は、この1700を選択肢に残しておくべきです。

またアッパーは、シンセティックレザー×メッシュのコンビネーション。小さめのNロゴ・ヒールのナンバリングもスタイリッシュで、存在感抜群なデザインに仕上がっています。

人気の高い復刻カラーは、周囲の人の注目を集めるに違いありません。

スニダンで「M1700GRA "グレー"」をもっと見る

ニューバランスの1000番台でお気に入りを見つけよう

ニューバランスの1000番台は、高スペック人気モデルがそろっています。クラシックモデルからハイテクモデルまで、それぞれの特徴をしっかり比較することが大切です。

オーセンティックなスニーカーが欲しいのであれば、1300や1400をチェック。一方ニューバランスのハイテク機能をしっかりと堪能したいなら、1500・1600・1700をチェックしてみるのがおすすめです。

好みのカラーやデザインを見つけて、1000番台を軽快に履きこなしましょう。

関連コラム

▶︎みんな「2002R」「1906R」どう履いてる?ショップスタッフ4人の最旬コーデ
▶︎スニダン編集部が選ぶ!今期おすすめニューバランス 6選!
▶︎ニューバランス990って6種類あるの?各バージョンの特徴を紹介
▶︎最も人気なモデル?ニューバランス 992を徹底解説
▶︎ニューバランス990って6種類あるの?各バージョンの特徴を紹介
▶︎一足持っておけば間違いなし!ニューバランス 993のおすすめモデル紹介
▶︎世代問わず愛されるニューバランス996を人気色と合わせてご紹介!

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

スニダンかんたんショップ

今日の人気記事

新着記事