ナイキ エアマックスへのエッグマンさんの投稿

2021/03/18

マイコレクションを紹介していくシリーズ

air max 1
"DNA CH.1"

air huaracheが30周年で復刻ということもあり、私もair maxでお祝いをしようと思います!

87年に誕生したair max 1と、91年に誕生したair huaracheのミックスモデルになります。tinker hatfieldがどちらもデザインをしており、両者とも今でも大変人気のスニーカーです。
私も昔huaracheを履いたことがありますが、デザインも面白く、素晴らしい履き心地です。
メキシコの伝統的な履物、ワラチから発想された名前で、シュータンとライニングが一体構造になったハラチフィットシステムを初めて搭載されました。このブーティーの様な形状が気持ちよく足を包み込み、快適な履き心地を楽しませてくれるんです。また、huaracheの特徴としてswooshが無いという、当時ナイキの中ではではかなり攻めたデザインをしていました。 
そんなhuaracheの素材とカラーリングをDNAとしてair max 1に落とし込んだのが今回の一足。最初の発売はair huaracheと2足セットでしたが、後日別々で販売されており、私のものは別々の単品で購入したものです。
特徴的はアッパーの素材で、huaracheのメッシュやネオプレーン素材を盛り込み、ヒールカウンターにはラバー素材を仕込むなど、作りも特別な仕様となっています。履き心地も素材の違いもあって、特にシュータンまわりがフニャっと柔らかで気持ちが良いです。
シンプルが故にあまり人気は無いかもですが、個人的には爽やかな配色とさり気ない拘りの作りに特別感を感じており、これもまた好きな一足の一つです。

2019年11月発売、日本定価16,500円

ビジブルエアを初めて搭載したランニングシューズ「AIR MAX 1」は1987年に発売されました。ナイキ エアの容量を最大化するため、着地時に変形したエアバッグをサイド方向に逃がすという機能的アプローチから開発がスタート。デザインを手掛けた"TINKER HATFIELD"氏は、フランス・パリ4区にあるポンピドゥー・センターからデザインインスピレーションを受けたと言います。
今作はデザイナー"TINKER HATFIELD"氏が手掛けた「AIR MAX 1」に「AIR HUARACHE」のDNAを受け継いだ「AIR MAX 1 DNA CH 1」。柔らかいネオプレン素材のシュータンなど、「AIR HUARACHE」のアイコニックなディテールと素材を取り入れたデザイン。「AIR HUARACHE」のヒールケージをイメージしたTPUヒールカウンターで、サポート力を強化するなどアップデートしています。

(skit参考
https://www.k-skit.com/item/nike/air-max/air-max-1/air-max-1-dna-ch-1-ar3863-100/)
#nike #スニーカー好き #snkrdunk #airmax

マイコレクションを紹介していくシリーズ

air max マイコレクションを紹介していくシリーズ

air max マイコレクションを紹介していくシリーズ

air max マイコレクションを紹介していくシリーズ

air max

登場・関連するスニーカー

ナイキ エアマックス 1 NIKE AIR MAX 1 DNA CH.1
ナイキ エアマックス 1 NIKE AIR MAX 1 DNA CH.1

¥8,900〜即購入可

出品7 / オファー0

NIKE AIR MAX 1 DNA CH.1

関連する投稿

エッグマンさんの人気の投稿

投稿をもっと見る

NIKE AIR MAX 1 DNA CH.1の商品情報

ブランド ナイキ(NIKE)
モデル エアマックス(Air Max)
タイプ エアマックス1(AIR MAX 1)
発売日 2019年11月12日
定価 ¥16,500(税込)
スタイルコード AR3863-100
スニダンかんたんショップ

今日の人気記事

新着記事