名作スニーカー紹介Vol.9|Trophy Room × Nike Air Jordan 1 High OG "Chicago"|コラム

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

トロフィールーム × ナイキ エアジョーダン1 ハイ OG "シカゴ"について

数々の名作スニーカーを紹介する本コーナー。第9弾として紹介するのは、2021年2月に全世界12,000足限定でリリースされ話題を集めた「Trophy Room × Nike Air Jordan 1 High OG "Chicago"(トロフィールーム × ナイキ エアジョーダン1 ハイ OG "シカゴ")」。

キングオブスニーカーと称されるAir Jordan 1(エアジョーダン1)の人気カラー"Chicago(シカゴ)"にアレンジを効かせたディテールとなっており、発売前から多くの注目を集めていたモデルだ。

今回は、定期的にリリースしている「Trophy Room(トロフィールーム)」とのコラボモデルの中でも絶大な支持を得ている名作「トロフィールーム × ナイキ エアジョーダン1 ハイ OG "シカゴ"」を振り返る。

目次

紹介モデル詳細

商品名 : Trophy Room × Nike Air Jordan 1 High OG "Chicago"

発売日 : 2021年2月11日

定価 : $190

スタイルコード : DA2728-100

スニダンで「トロフィールーム × ナイキ エアジョーダン1 ハイ OG "シカゴ"」をもっと見る

マイケル・ジョーダンの息子がオーナーを務めるセレクトショップ

via:wsj.com

本モデルのエアジョーダン1を筆頭に、さまざまなジョーダンシリーズとのコラボモデルをリリースしてきた「トロフィールーム」。

トロフィールームとは、バスケットボール界のレジェンド「Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)」の次男である「Marcus Jordan(マーカス・ジョーダン)」が主宰するセレクトショップだ。

via:trophyroomstore

店名は、ジョーダン邸宅内にある歴代トロフィーが飾られた部屋からインスピレーションを得ており、店内の装飾の中にはジョーダン一家のホームビデオや写真なども展示。ジョーダンファンにとって一度は訪れたい名スポットだろう。

ストアでは、ジョーダンブランドをはじめとする厳選したスニーカー、アパレルアイテムをラインナップ。また、マイケル・ジョーダンの「息子」ならではの手腕を発揮した限定アイテムを度々リリースするなど、世界中のスニーカーファンを魅了している。

via:trophyroomstore

2019年5月にアメリカ フロリダ州オーランドにあった本店が閉店して以来、実店舗を持たないままオンラインのみで営業を続けていたが、現在は同地域のダウンタウンエリアに新店舗をオープンし、営業を続けている。

偉大なる父へ敬意を表したディテール

via:kicksonfire

ジョーダンブランドの不朽の名作「エアジョーダン1 "シカゴ"」をベースに採用した本モデル。

デザインは、ジョーダンのNBAオールスターデビュー戦で、チームメイトからパスを回してもらえないという仕打ち「通称"Freeze Out"(フリーズアウト)」から着想を得ており、凍った様な色褪せ加工をアッパーに施している。各パーツのステッチにはホワイトを採用し、ヴィンテージ感も醸し出すディテールに。

via:kicksonfire

ヒールサイドにはマイケル・ジョーダンのサイン、シュータン裏に12,000足限定を表したシリアルナンバー、ライニングに「Rumor has it…」の刺繍など、随所にスペシャルな要素が織り込まれている。

via:trophyroomstore

また、アウトソールはクリア素材が採用され、シカゴ市の旗やオールスターゲームのロゴを思わせる4つの星を配置。シューズボックスも星が散りばめられた特別仕様になっており、ゲームチケットを模したタグが付属するなど、これ以上ないほどスペシャルな一足となっている。

via:saint

歴代のコラボモデル

via:kicksonfire

トロフィールームとジョーダンブランドのコラボモデルは、これまでに計6モデルがリリース。

via:trophyroomstore

初のコラボは2016年、トロフィールームのグランドオープンを記念した「Nike Air Jordan 23(ナイキ エアジョーダン23)」が2カラー展開でリリースされた。ホワイトは店舗限定で523足のみ、ブラックは全世界5,000足と、かなりの極小リリースであったため、現在では世界中を探しても目にすることは難しいかもしれない。

via:trophyroomstore

その後、フレンチブルーカラーを纏った「Nike Air Jordan 16(ナイキ エアジョーダン16)」や、ブティックのテーマと美学を反映させた「Nike Air Jordan 17(ナイキ エアジョーダン17)」をリリース。

via:trophyroomstore

2019年5月にはトロフィールームコラボ屈指の名作である「Nike Air Jordan 5(ナイキ エアジョーダン5)」が誕生。爽やかなアイスブルーを纏ったカラーリングは、多くのスニーカーヘッズを唸らせた。また、F&Fモデルとして展開されたユニバーシティレッドカラーは、全世界で223足しか存在しない激レアモデルとなっている。

その約2年後に、本稿で紹介しているエアジョーダン1がリリース。本モデルによって、世界中にトロフィールームの名を轟かせた。

via:atmos_tokyo

そして、2022年11月にバルセロナオリンピックにインスパイアされた「Trophy Room × Nike Air Jordan 7 "True Red and Obsidian"(トロフィールーム × ナイキ エアジョーダン7 "トゥルーレッド アンド オブシディアン"」が登場。本モデルは日本国内のSNKRSでも販売があり、前作の人気ぶりから多くの人が抽選に参加し、大盛況となった。

おわりに

via:trophyroomstore

今回は、マイケル・ジョーダンの「息子」だからこそ実現が可能となった屈指の名作モデル「トロフィールーム × ナイキ エアジョーダン1 ハイ OG "シカゴ"」を紹介した。

当時のジョーダンが経験した屈辱的なストーリーをデザインに落とし込んだことや、NBA時代に在籍した"Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)"のチームカラーを採用するなど、偉大なる父へ捧げるトリビュートモデルとなった本モデル。

数あるエアジョーダン1の中でも、随所にスペシャルなこだわりが詰め込まれた最高傑作の一つと言えるだろう。

via:SBD

近年では、本モデルの続編としてエアジョーダン1のローカットモデルをベースに採用した最新作が登場予定との情報がリーク。

現時点では実物画像などの詳細は公開されておらず、どんなカラーリングでリリースされるかは未定となっているが、海外2024年2月15日に発売予定と噂されている。実際にリリースが決まれば、前作同様に激しい争奪戦が繰り広げられることは言うまでもないだろう。

その他名作スニーカー紹介の関連記事

▶︎名作スニーカー紹介Vol.1|Dior × Nike Air Jordan 1 High & Low OG
▶︎名作スニーカー紹介Vol.2|Travis Scott × Fragment × Nike Air Jordan 1 High & Low OG SP "Military Blue"
▶︎名作スニーカー紹介Vol.3|Off-White × Nike Air Jordan 1 Retro High The Ten "Chicago"
▶︎名作スニーカー紹介Vol.4|Supreme × Nike SB Dunk Low "Cement" 2colors
▶︎名作スニーカー紹介Vol.5|KAWS × Nike Air Jordan 4 Retro 2colors
▶︎名作スニーカー紹介Vol.6|Sean Wotherspoon × Nike Air Max 1/97 SW "Collector's Dream"
▶︎名作スニーカー紹介Vol.7|Travis Scott × Nike Air Jordan 1 High & Low OG "Dark Mocha"
▶︎名作スニーカー紹介Vol.8|Tiffany & Co. × Nike Air Force 1 Low "1837"

最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!
iPhoneの方はこちら / Androidの方はこちら

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています