名作スニーカー紹介Vol.5|KAWS × Nike Air Jordan 4 Retro 2colors|コラム

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

名作スニーカー紹介Vol.5|KAWS × Nike Air Jordan 4 Retro 2colors|コラム 1枚目 via:SBD

カウズ × ナイキ エアジョーダン4 レトロ 2カラーについて

数々の名作スニーカーを紹介する本コーナー。第5弾で紹介するのは、幅広い層の人々から支持される現代アーティスト「KAWS(カウズ)」とジョーダンブランド初のコラボレーションとして2017年にリリースされた「KAWS × Nike Air Jordan 4 Retro 2colors(カウズ × ナイキ エアジョーダン4 レトロ 2カラー)」だ。

1989年に誕生したAir Jordan(エアジョーダン)シリーズの4作目「Air Jordan 4(エアジョーダン4)」をベースモデルに採用し、2カラー展開でリリースされた本作。

国内ではグレーカラーのみが少数リリースされ、ブラックはアメリカ在住者のみ参加できる抽選販売であったため、リリース数の少なさではトップクラスのモデルだ。

今回は、世界中のスニーカーヘッズやストリートカルチャーファンの注目を集めるアーティスト「KAWS」とのコラボモデル「カウズ × ナイキ エアジョーダン4 レトロ 2カラー」を振り返る。

目次

紹介モデル詳細

商品名 : KAWS × Nike Air Jordan 4 Retro "Grey"

発売日 : 2017年3月31日

スタイルコード : 930155-003

スニダンで「カウズ × ナイキ エアジョーダン4 レトロ "グレー"」をもっと見る

商品名 : KAWS × Nike Air Jordan 4 Retro "Black"

発売日 : 国内発売なし

スタイルコード : 930155-001

スニダンで「カウズ × ナイキ エアジョーダン4 レトロ "ブラック"」をもっと見る

ファッションとの繋がりで注目を集めるアーティスト

via:kaws

両目が"XX"になったキャラクター「COMPANION(コンパニオン)」で世界的に知られるグラフィックアーティストの「KAWS」。現在インスタグラムのフォロワー数は約440万人で、今最も人気のある現代アーティストの一人と言っても過言ではない。日本国内でもかなり高い人気を誇っており、2021年には国内初となる大型展覧会「KAWS TOKYO FIRST」を東京 六本木にて開催。連日行列ができるほどの大盛況となった。

KAWSといえば、数々のファッションブランドとのコラボレーションでもよく知られている。さまざまな人気ブランドとのコラボレーションによってアートとファッションを上手く繋ぎ合わせ、現在の人気まで上り詰めたのだ。

via:kaws

日本では特に「UNIQLO(ユニクロ)」とのコラボレーションによって、KAWSの存在を一般層まで知らしめたと言えるだろう。2016年のファーストコラボから、数年かけてさまざまなアイテムをリリース。大量のストック数ながら、発売時には店舗に多くの人々が押しかけ、海外では騒動になるほどの人気ぶり。オンラインでも即完売を記録し、二次流通ではプレ値で取引されるほどであった。

そのほかにも、世界的ラグジュアリーブランドの「Dior(ディオール)」や、絶大な人気を誇るストリートブランドの「Supreme(シュプリーム)」、「A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)」などともコラボアパレルをリリース。どのコラボでも大成功を収めている。

稀に見る極小リリース

via:SBD

2017年にリリースされた本モデルは、ナイキとKAWSの2008年以来のコラボであり、ジョーダンブランドとしては初のコラボレーションモデルだ。当時、凄まじい人気であったKAWSとのコラボレーションモデルなだけあって、リーク時から多くのスニーカーヘッズが発売を待ち侘びていただろう。

2017年3月31日に"グレー"カラーが先にリリース。日本国内ではオンライン販売はなく、「Sports Lab by atmos」の新宿店と心斎橋店、「TOKYO23」といったatmos(アトモス)系列の合計3店舗のみでの発売であったため、入手することが非常に難しいモデルであった。発売日当日の店頭抽選では大行列ができ、高い倍率の抽選の末、狭き門を突破した人だけが購入することができたのだ。

そんな華々しいデビューを飾った"グレー"カラーの発売から約8ヶ月後の2023年11月24日、「ブラックフライデー」に合わせて公式インスタグラムにて"ブラック"カラーが発表された。F&F(フレンズ&ファミリー)モデルと呼ばれ、関係者のみが手にすることができた限定モデルであったが、ついに一般発売が行われたのだ。残念ながら、日本国内ではブラックカラーは発売されず、アメリカ在住者のみが参加できるKAWS.comでの抽選販売となった。

それほどの稀に見る極小リリースだったモデルなだけあって、発売当初から凄まじいプレ値が付き、現時点では目にかかることすら難しい激レアスニーカーとなっている。

高級感あふれるコラボならではのディテール

ティンカー・ハットフィールドが手掛けた名作である「エアジョーダン4」をベースに採用した本作。

via:SBD

アッパーは素材感に優れたプレミアムスウェードが用いられ、アッパーやシューレースパーツ、ミッドソールからシューレースまでグレー、ブラックの1色で統一されている。ヒール部分にはKAWSのアイコニックな"XX"のマークと"AIR"の文字を配置し、クリアタイプのアウトソールは暗闇で発光する「グロー イン ザ ダーク」を採用した。

via:SBD

そのほかにも、アッパーやソール底にKAWSのアートワークが印字されるなど、コラボ感満載のプレミアムな一足に仕上がっている。

via:SBD

おわりに

via:SBD

今回は、現代を代表するグラフィックアーティスト「KAWS」とのコラボ代表作「カウズ × ナイキ エアジョーダン4 レトロ 2カラー」を振り返った。2017年の販売から僅か6年程度しか経過していないにも関わらず、「最も入手困難なエアジョーダン4」の一つといっても過言ではない名作モデルとなっている。

via:SBD

近年においてもKAWSは、人気アウトドアブランドの「The North Face(ザ ノースフェイス)」や「HUMAN MADE(ヒューマンメイド)」、「Travis Scott(トラヴィス・スコット)」などといったさまざまなコラボレーションを行っており、ストリートファッション業界を賑わせている存在である。

まだまだ注目度の高いアーティストであるため、再びナイキやエアジョーダンからの最新コラボモデルが出る日はそう遠くはないのかもしれない。

その他名作スニーカー紹介の関連記事

▶︎名作スニーカー紹介Vol.1|Dior × Nike Air Jordan 1 High & Low OG
▶︎名作スニーカー紹介Vol.2|Travis Scott × Fragment × Nike Air Jordan 1 High & Low OG SP "Military Blue"
▶︎名作スニーカー紹介Vol.3|Off-White × Nike Air Jordan 1 Retro High The Ten "Chicago"
▶︎名作スニーカー紹介Vol.4|Supreme × Nike SB Dunk Low "Cement" 2colors

最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!
iPhoneの方はこちら / Androidの方はこちら

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています