【遊戯王OCG】2024年最新の遊戯王カード高額ランキング|相場/買取

発売前にXでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Xでポスト中!

【遊戯王OCG】2024年最新の遊戯王カード高額ランキング|相場/買取について

トレーディングカードの中でも、長年に渡り人気を博している『遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ(遊戯王OCG)』。

この記事ではスニダンの取引価格やショップの買取価格を参考に、遊戯王OCGの高額カードを1位〜10位までランキング形式で紹介していく。

※参考:2024年5月現在の平均取引相場

目次

高額ランキング

1位:カオス・ソルジャー ステンレス製 UR

   
売買価格 980,000,000円
スニダン相場 -円

出品/購入する
入手方法 遊戯王DMデュエルモンスターズ
全国大会トーナメント優勝賞品
カード品番 -

「カオス・ソルジャー」は、遊戯王カードの中で最も高額なカード。

1999年に開催された、遊戯王DMデュエルモンスターズの全国大会トーナメントで優勝賞品として配布されたカードで、紙ではなくステンレス製だ。

世界に1枚しかない希少価値の高いカードで、2024年5月現在は市場には出回っていない。過去に9億円以上の値段がつけられた、幻のような1枚である。

2位:青眼の究極竜 UR

   
売買価格 45,000,000円
スニダン相場 -円

出品/購入する
入手方法 遊戯王アジアチャンピオンシップ 優勝賞品
カード品番 T3-01

「青眼の究極竜」は、2001年に開催された遊戯王アジアチャンピオンシップの優勝賞品。高橋和希先生の描き下ろしイラストが落とし込まれている同名のカードは、これしか存在しない。

コレクターの厚意によって一度カードショップに並んだことがあり、その際につけられた値段は4,500万円。今後もその価値は上がっていくだろう。

3位:ヂェミナイ・エルフ

   
売買価格 40,000,000円
スニダン相場 -円

出品/購入する
入手方法 アジアチャンピオンシップ 2001の4位賞品として配布
カード品番 T3-04

「ヂェミナイ・エルフ」は、2001年に開催された「アジアチャンピオンシップ 2001」の4位賞品として配られたイラスト違いのカード。

世界に1枚しか存在せず、遊戯王カードの中でも幻のカードと呼ばれるカードのひとつだ。

2024年5月8日、大阪のトレカショップで取り扱われていたこの1枚が4,000万円で取引されたことが判明。以前確認されていた相場よりも3,000万円程度値上がりしている。

4位:天空の女神 ジュノー

   
売買価格 6,800,000円
スニダン相場 -円
入手方法 World Championship Series 2016で優勝
カード品番 2016-EN001

アメリカのフロリダ州で2016年に開催された、World Championship Series 2016の優勝賞品だった「天空の女神 ジュノー」。国内のトレカショップでは2020年2月に680万円で販売されていたが、現在は売り切れとなっている。

英語版のカードで一般の部とジュニアの部にそれぞれ贈呈されたため、世界中に2枚しか存在しない。その希少性の高さから、買取相場が400万円前後と高額になっている。

5位:ブラック・マジシャン・ガール SE

   
売買価格 4,900,000円
スニダン相場 -円

出品/購入する
入手方法 遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨
全国大会で優勝
カード品番 G3-11

遊戯王シリーズのアイドルカードとして、人気と知名度が高い「ブラック・マジシャン・ガール」。

その中でもっとも希少価値の高いカードは、「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」の全国大会優勝カードだ。

6位:青眼の白龍(シクブル) SE

   
売買価格 4,000,000円
スニダン相場 3,800,000円

出品/購入する
入手方法 Vジャンプフェスティバル1999にて配布
カード品番 -

初期イラストの「青眼の白龍」は、1999年に開催されたVジャンプフェスティバル1999で特典として配布された。

配布枚数は、1000枚〜3000枚とされており、他の高額カードよりも配布枚数は多いが、キャラクター自体の人気の高さから買取相場も年々上昇している。

7位:エビルナイト・ドラゴン UR

   
売買価格 4,000,000円
スニダン相場 -円

出品/購入する
入手方法 遊戯王デュエルモンスターズ2魔界決闘記の全国大会二次予選通過者
カード品番 -

「エビルナイト・ドラゴン」は、1999年に発売したゲーム「遊戯王デュエルモンスターズ2魔界決闘記」の全国大会二次予選通過者へ贈呈されたカードだ。

配布枚数は125枚で、初期のウルトラレアカードであることや配布枚数が限られていることから買取価格も上昇傾向にある。

8位:女剣士カナン

   
売買価格 3,000,000円
スニダン相場 -円

出品/購入する
入手方法 Vジャンプ誌面プレゼント企画の抽選配布
カード品番 -

「女剣士カナン」は初期カードやウルトラシークレットレアなど、過去にも限定配布されているがどれも高額で取引されている。

その中でも1999年6月の「Vジャンプ誌面プレゼント企画」にて、抽選で50枚のみ配布された本カードは買取相場も300万円前後と高額になっている。

9位:青眼の白龍 20th アニバーサリー 純金製

   
売買価格 2,500,000円
スニダン相場 4,000,000円

出品/購入する
入手方法 遊戯王のOCG20周年記念として抽選販売
カード品番 ygo-64

遊戯王カードの中でも屈指の人気を誇る「青眼の白龍」は、いくつかの限定記念カードがある。

このカードは遊戯王OCG20周年記念として、2019年に500枚限定で抽選販売された純金製のカードで、全てのカードにシリアルナンバーが入っている点も高額で取引される要因だろう。

10位:女剣士カナン 20th SE

   
売買価格 1,600,000円
スニダン相場 -円

出品/購入する
入手方法 10,000種突破記念の10,000種展示イベントで配布
カード品番 TTPR-JP001

遊戯王OCGカードの10,000種突破を記念して開催された「10000種展示イベント」で配布されたカード。

イベントは2019年に大阪・名古屋・東京の3会場で開催。30,000枚限定で配布された「女剣士カナン」だったが、稀に封入されていた"20th SE"仕様のカードがこれだ。狙って当てることが難しく、総数も不明であることから高額で取引されている。

売買価格基準

スニダンの取引価格や他フリマサイト、ショップの販売・買取の値段を参考にしている。

関連記事


最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!

App store / Google play

引用元
yugioh-card.com

権利表記
©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています