【スニダン独自データ】2022年大躍進のニューバランスを紐解く!売買取引・相場から見る最新の動向とは?

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

【スニダン独自データ】2022年大躍進のニューバランスを紐解く!売買取引・相場から見る最新の動向とは?について

日々気になるスニーカー事情を、スニダンの取引データをもとに徹底解剖する企画第一弾。

今回フォーカスするのは、ブーム真っ只中のNew Balance(ニューバランス)。

2022年上半期は、Made in U.S.A.のフラッグシップモデルとして誕生した「2002」を、アジア製として復刻させた「2002R」が数多くリリースされた印象だ。

この他にも、AURALEE(オーラリー)、JJJJound(ジョウンド)などの有名ブランドを筆頭に数々のコラボモデルがリリースされ、Joe Freshgoods(ジョー・フレッシュグッズ)による新プロジェクト「Conversations Amongst Us(コンバセーションズ アモングスト アス)」がローンチ。

さらには、Aimé Leon Dore(エメ レオン ドレ)を手掛けるTeddy Santis(テディ・サンティス)が、人気度の高い"MADE in USA"モデルをコレクション形式で発表するなど、市場は大いに盛り上がりを見せている。

一部モデルの流行はこれまでにあるものの、ニューバランスといったカテゴリーの中で、過去に例を見ないほどリリースラッシュが続いている。果たしてどのモデルが人気なのか?グラフを見ていこう。

ブームの着火は大人世代からだった!2022年春頃から全世代へと変化!

※全体の取引数に対する年代別NB取引数(%)と世代別の割合
※集計期間:2021年6月〜2022年6月まで

上記グラフは、2021年6月〜2022年6月までの間にスニダンで取引されたニューバランスのスニーカーに絞り、10代〜50代までの世代別割合の推移を表している。

まず、データから読み解けるのは、2021年の秋頃までは"30代〜50代の年齢層から圧倒的な支持を集めている"こと。「落ち着きのあるデザイン・履き心地の良さ」に定評があるため、大人世代から人気が高く、これまでのブランドイメージに沿った結果と言えるだろう。

次に、2022年の春頃から後半に差し掛かるにつれ、全世代の割合が均等に変化していくのが読み取れる。このデータから、今まで支持率が低かった10代〜20代を含めた全世代を通して、ニューバランスブームが巻き起こっていることがわかる

まとめ

2021年の秋頃までは、30代〜50代の年齢層「大人世代から人気が高い」これまでのブランドイメージに沿った結果だが、2022年の春頃から、10代〜20代を含めた全世代を通してニューバランスブームが巻き起こっている

大人世代で「落ち着きのあるデザイン・履き心地の良さ」から人気を博したニューバランスは、若い世代にも着々と受け継がれていることがデータから読み取れた。

品番別で最も取引されたのは900番台!10代〜20代の若い世代の支持も

※品番別に世代割合の取引データをグラフ化したもの
※スニダン上で取引されたデータを集計
※集計期間:2022年1月〜6月まで

次に、データをさらに掘り下げた「品番別の取引データ(人気順)」を見てみよう。

最も取引されたモデルの人気順は「900番台、2000番台、500番台」と並んだ。この結果は、普段からニューバランスを愛用している方からすれば、想定内の結果と言えるだろう。

世代割合では、「2000番台、500番台、200番台」が10代〜20代からの支持を多く得ているという結果に。これらのモデルは、定番の「900番台」と比較して価格帯が安いことから、若い世代の支持を多く集めていることが予想される。

30代から上の世代では、「900番台、1000番台」が割合の半数以上を占めており、ある程度お金に余裕がある世代からの人気が高い結果となった。

まとめ

世代別割合グラフ「品番別の取引データ」では、各世代で人気のモデルがハッキリと分かれた。

その中でも、「900番台」はブランドの看板モデルらしく、各世代から一定の人気を獲得している。

「10代〜20代」から支持を多く得ているのは、「2000番台、500番台、200番台」。これらのモデルは1万円台で購入できる低価格帯でありながら「履き心地の良さ」に定評があり、人気を博している。

特に、2022年の春頃からリリースラッシュが続く「2000番台」は、「カラーバリエーションが豊富」なことから若い世代の人気を獲得し、全世代を通してニューバランスブームを巻き起こした火付け役であることがデータから読み解ける。

900番台の人気取引ランキングTOP10を発表

ニューバランス 990V1 画像

引用:New Balance

ここからは、前述のグラフでも最も人気を得ていることがわかったニューバランスの看板モデル「900番台」にフォーカスを当て、2022年上半期で最も取引された900番台のモデルTOP10を発表。

相場も合わせて紹介、気になるモデルがあった方は購入・売却の参考までに。

■10位 JJJJound × New Balance 990V3 "Slate Black"
ジョウンド × ニューバランス 990V3 "スレート ブラック

ジョウンド × ニューバランス M990JJ3 スレート ブラック画像 2022年5月に発売された、ジョウンド × ニューバランス 「990V3"ブラック"」が10位にランクイン。

"Justin Saunders"(ジャスティン・サンダース)率いるクリエイティブスタジオ、JJJJound(ジョウンド)とのコラボレーション。990シリーズのバージョン3として2012年に登場した「990V3」をベースに、落ち着きのあるブラウンで配色した一足となっている。

スニダンで「ジョウンド × ニューバランス 990V3 "スレート ブラック"」をもっと見る

売買相場情報

リリース直後の2022年5月19日に最高値86,500円をマーク。その後は5万円台から6万円台前半で落ち着きを見せている。


■9位 JJJJound × New Balance 990V4 "Navy"
ジョウンド × ニューバランス 990V4 "ネイビー"

ジョウンド × ニューバランス M990JJ4 ネイビー画像 2021年10月から発売された、ジョウンド × ニューバランス 「990V4"ネイビー"」が9位にランクイン。

990シリーズのバージョン4として2016年に登場した「990V4」をベースに、オールブラックで配色した一足。10位〜9位と連続でランクインしている人気のジョウンドコラボは、毎年恒例となっているので今後の動向に注目だ。

スニダンで「ジョウンド × ニューバランス 990V4 "ネイビー"」をもっと見る

売買相場情報

2022年3月頃から相場に激しい動きが見られ、一時は最高値85,000円をマーク。現在の相場は7万円前後を行き来している。


■8位 New Balance 990V3 "Gray"
ニューバランス M990V3 "グレー"

ニューバランス M990TG3 グレー画像 2022年5月に発売された、Teddy Santis(テディ・サンティス)手掛ける「990V3"グレー"」が8位にランクイン。

ナイロン生地で構築されたアッパーに、グレーのスウェードでオーバーレイを施した一足。新しくクリエイティブディレクターに就任した「テディ・サンティス」によるコレクションは、2022年下半期も目が離せない注目のシリーズだ。

スニダンで「ニューバランス 990V3 "グレー"」をもっと見る

売買相場情報

リリースされた2022年5月は最高値42,992円をマーク。その後の相場は3万円台で落ち着きを見せている。


■7位 Aime Leon Dore × New Balance WMNS 993 "Taupe"
エメ レオン ドレ × ニューバランス ウィメンズ 993 "トープ"

エメ レオン ドレ × ニューバランス ウィメンズ WR993ALL トープ画像 2021年1月に発売された、Aimé Leon Dore(エメ レオン ドレ)コラボの「993"トープ"」が7位にランクイン。

「993」は2008年にリリースされた Made in USAモデルの人気作。本コラボからは、秋らしいカラーリングの"Taupe"(トープ)と"Brown"(ブラウン)が2色展開でリリースされた。

エメ レオン ドレコラボは、リリースされる度に高い人気を誇っており、2022年下半期も新しいモデルがリリース予定。

スニダンで「エメ レオン ドレ × ニューバランス ウィメンズ 993 "トープ"」をもっと見る

売買相場情報

ランクインしたウィメンズモデルの相場は3万円台で落ち着きを見せている。メンズモデルは、2022年1月に最高値57,400円を記録後、4万円〜3万円台と下落気味。


■6位 New Balance 990V2 "Gray"
ニューバランス 990V2 "グレー"

ニューバランス M990TD2 グレー画像 2022年4月に発売された、「990V2 "グレー"」が6位にランクイン。

990シリーズのバージョン2として1998年に登場した「990V2」をベースに、「テディ・サンティス」率いるMade in USAコレクションからリリースされた一足。ブランドのシグネイチャーカラーで染められたスウェードのアッパーが印象的。

スニダンで「ニューバランス 990V2 "グレー"」をもっと見る

売買相場情報

2022年4月のリリースから相場は下落気味で、5月末からは2万円台をマーク。シグネイチャーカラーで染められた本作は、サイズによってはお得に購入できるので、990V2デビューには特におすすめのモデルだ。


■5位 New Balance 992 "Black"
ニューバランス 992 "ブラック"

ニューバランス M992EB ブラック画像 ブランド設立から100周年記念の2006年に登場した「992"ブラック"」が5位にランクイン。

本作は、汎用性の高いブラックを基調とした、モノトーンカラーで身を包んだ一足。機能性・デザイン性ともに優れており、リリース当初から絶大な人気を誇っているニューバランスの看板モデルだ。

スニダンで「ニューバランス 992 "ブラック"」をもっと見る

売買相場情報

2021年12月頃から相場は上昇傾向を見せている。現在の相場は5万円前後で、2022年5月には最高値70,000円を記録した。


■4位 SSZ × Akio Hasegawa × New Balance 990V5 "Gray"
SSZ × 長谷川昭雄 × ニューバランス 990V5 "グレー"


SSZ × 長谷川昭雄 × ニューバランス M990BE5 グレー画像 2022年2月に発売された、SSZ × 長谷川昭雄「990V5"グレー"」が4位にランクイン。

本作は、BEAMS(ビームス)のサーフ&スケート部門のバイヤー「加藤忠幸」が手掛けるSSZ(エスエスジィー)と、カリスマスタイリスト「長谷川昭雄」による別注モデルの「990V5」だ。

ニューバランスの最新テクノロジーを集約した990V5の別注企画ということもあり、国内のニューバランスフリークたちから、特に熱い視線を浴びる一足となった。

スニダンで「SSZ × 長谷川昭雄 × ニューバランス 990V5 "グレー"」をもっと見る

売買相場情報

リリース当初から激しい相場変動を繰り返しており、一時は最高値76,000円を記録。現在の相場は5万円台で落ち着きを見せている。


■3位 New Balance 990V3 "Gray"
ニューバランス 990V3 "グレー"

ニューバランス M990GY3 グレー画像 2021年11月に発売された、「990V3"グレー"」が3位にランクイン。

本記事内で紹介した"ジョウンド"コラボ以外にも、Levi's(リーバイス)BODEGA(ボデガ)など、様々なコラボレーションで採用されてきた「990V3」。

本作は、同ブランドの定番カラー"グレー"で染められ、オリジナルの装いで復刻発売されたことから、ファン待望の一足として大きな話題を呼んだ。

スニダンで「ニューバランス 990V3 "グレー"」をもっと見る

売買相場情報

定番モデルということもあり、相場は他モデルと比べて落ち着きを見せている。一時は最高値41,500円を記録した。


■2位 New Balance 993 "Gray"
ニューバランス 993 "グレー"

ニューバランス MR993GL グレー画像 「99X」シリーズの名作「993"グレー"」が3位にランクイン。

99Xシリーズは「1000点満点中 990点」という斬新なキャッチフレーズと共に、1982年からスタート。

本作の「993」は前作の「992」をデザインベースに、アッパーをオリジナルカラーの"グレー"で配色。機能面は、衝撃吸収性能や軽量化などのアップデートが加えられ、同ブランドの代表的なモデルとして人気を博している。

スニダンで「ニューバランス 993 "グレー"」をもっと見る

売買相場情報

今回紹介するモデルの中で一番激しい相場変動を繰り返し、一時は「最高値43,900円・最安値31,900円」を記録した。


■1位 New Balance 992 "Gray"
ニューバランス 992 "グレー"

ニューバランス M992GR グレー画像 シグネイチャーカラーで染められた「992」が堂々の1位に。

同ブランドの100周年を記念するモデルとして2006年当時、爆発的な大ヒットを記録。

その後生産は中止となるが、2020年に待望の復刻を遂げ、その人気にさらなる拍車がかかることに。ニューバランスマニアのみならず、ファッショニスタからも注目される一足だ。

スニダンで「ニューバランス 992 "グレー"」をもっと見る

売買相場情報

5位で紹介した992"ブラック"と同じく、同モデル「992」の相場は上昇傾向が見られる。その中でもシグネイチャーカラーの"Gray"(グレー)で染められた本作は、他カラーの992と比較しても相場が高いため、特に人気を博しているモデルと言えるだろう。


全世代の支持へ変化を遂げたニューバランス。2022年下半期のリリースも目が離せない

今回は、スニダンの取引データを基に徹底解剖する企画第一弾として「2022年大躍進中のニューバランス」を分析したが、結果はいかがだっただろうか。

2022年下半期もリリースラッシュが続くニューバランスの動きは、今後も目が離せないだろう。

本企画の第二弾も、特定のモデルやブランドにフォーカスし、制作真っ最中なので、期待していただきたい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

スニダンかんたんショップ

今日の人気記事

新着記事