【2022年最新版】歴代アディダス イージーの全モデルを年代ごとに一挙ご紹介!【コラム】

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

【2022年最新版】歴代アディダス イージーの全モデルを年代ごとに一挙ご紹介!【コラム】について

こんにちは!スニーカーダンク編集部のトムトムです。

4月も終わりに近づきましたが、5月もまた多くの注目スニーカーのリリースを控えています。

今年もまだ始まったばかりですが、この後のリリースされるスニーカーに期待を膨らませている方も多いのではないでしょうか。

名作の復刻も楽しみの一つです。その中でも近年、様々な名作の復刻を果たしているadidas YEEZY(アディダス イージー)。

そんなスニーカー業界に革命をもたらしたアディダス イージーは、今や定番になりつつあります。

スニーカー業界に衝撃を与えたイージー ブースト 350をはじめ、スニーカーの歴史とともにアディダス イージーは劇的に進化を遂げてきました。

そこでリリース当初から現在までアディダス イージーの全モデルを年代別にまとめてみましたので、ぜひご覧ください。


目次

 

アディダス イージーとは

アディダス イージーを説明する上で欠かせないのが、音楽シーンだけでなくファッション界にも大きな影響を与えているKanye West(カニエ・ウェスト)ことYe(イェ)の存在です。

彼は、2000年代はじめから現在までに数々のヒット曲を世に輩出してきたラッパー・ソングライターです。それに加え、プロデューサーやファッションデザイナーなど様々な肩書きを持つアーティストでもあります。

またファッションシーンにおいては、現代のファッションアイコンでもあり、多大な影響力を持ちます。

そんな彼が手掛けたコラボアイテムは数知れず、過去には「ナイキ」や「ルイヴィトン」などのブランドと共にコラボレーションアイテムも発表しています。

そんなマルチに活動する彼とスポーツメーカー「アディダス」とのファッションコラボレーションが「adidas YEEZY」になります。

今回は「アディダス イージー」と名が付くモデルを全てを集めてみましたので、一緒に見ていきましょう。

歴代アディダス イージー シリーズ

【2015年リリース】

(2015年2月)記念すべきファーストモデルのアディダス イージー ブースト 750 OG "ライト ブラウン"

2015年の2月に「YEEZY SEASON1(イージー シーズン1)」のショーで初披露された3足のうちの1足です。次に紹介するイージー 350の陰に隠れていましたが、実はこのスニーカーこそが記念すべきファーストモデルになります。

ブーツのように見えるこのモデルは、実はハイカットスニーカーという位置づけなのです。高級感あるスウェード素材でアッパーを構築し、ソールにはブーストフォームを採用したアディダスならではの歩きやすいスニーカーになります。

スニダンでイージー ブースト 750シリーズをCheckする


(2015年6月)靴下のようなフィット感を実現したアディダス イージー ブースト 350 "タートル ドーブ"

2015年6月に発売されたこちらの一足は、イージー ブースト 350の初期モデルになります。

靴下を履いているかのようなフィット感を実現したアイテムです。他には類を見ないデザインに雲の上を歩くような履き心地を施したこのスニーカーは、スニーカー業界にインパクトを与えました。

初期モデルは全4色発売されており、どれも希少性の高いものになります。他のカラーに関しては、こちらの記事にてまとめています。

スニダンでアディダス イージー ブースト 350 シリーズをCheckする


(2015年10月)極厚のソールにコーデュラ素材を使用したアディダス イージー 950 "ムーンロック"

そして、イージー ブースト 350に続いてリリースされた3番目のモデルがイージー 950です。こちらはブーストフォームを搭載していないため、名前に「ブースト」がついていません。

極厚のソールにコーデュラ素材をふんだんにあしらったファッション性の高いブーツです。

スニダンでイージー ブースト 950 シリーズをCheckする


【2016年リリース】

(2016年9月)アメリカンフットボール仕様を施したアディダス イージー ブースト 350 V2 "クリート タートルダブ"

こちらは、イージー ブースト 350 "タートル ドーブ"をベースに誕生したアメリカンフットボール用スパイクです。

プロアメリカンフットボールリーグ「NFL」の選手がこちらを着用して規則違反により、罰金を課せられたことで話題を呼びました。

スニダンでイージー ブースト 350 V2 クリートをCheckする


(2016年9月)斬新なデザインで多くの人々を魅了したアディダス イージー ブースト 350 V2 "ベルーガ"

最初のイージーが発表されてから約一年半が経ち、イージー ブースト 350のアップデートモデルが登場します。このスニーカーこそが、イージーというブランドの認知度を広めたイージー ブースト 350 V2になります。

雲の上を歩くような履き心地を提供するBOOSTフォーム搭載した機能性に加え、その斬新なデザイン性は世界中の人を熱狂させました。

もし、初期モデルとの違いが気になる方はこちらの記事にて解説しているので、ぜひご覧ください。

スニダンでイージー ブースト 350 V2 シリーズをCheckする


【2017年リリース】

(2017年3月)知る人ぞ知るマニアックな名作 アディダス イージー パワーフェーズ "カラバサス コア ホワイト"

アディダスの80年代のアーカイブモデルでもあるパワーフェーズを再構築した一足です。

知る人ぞ知るマニアックな名作で、イージーには珍しい素朴なデザインのローテクスニーカーになります。

スニダンでイージー パワーフェーズ シリーズをCheckする


(2017年8月)異素材を組み合わせたダッドシューズのアディダス イージー ブースト 700 "ウェーブ ランナー"

2017年に行われた「YEEZY SEASON 5」にて初披露され、2017年8月にYEEZY Supply(イージー サプライ)限定でリリースされます。

アッパーには上質なスウェードにメッシュの異素材を組み合わせており、ボリューム感のあるミッドソールがボッテリとしてみえるダッドシューズとして人気を博しました。

この後にも紹介しますが、イージー ブースト 700はアップデートを重ねながら進化を続けていきます。

スニダンでイージー ブースト 700 シリーズをCheckする


【2018年リリース】

(2018年2月)唯一無二のユニークなスニーカー アディダス イージー 500 "ブラッシュ"

アディダス イージー シリーズの中でも異彩の放つデザインを採用したイージー 500が2018年2月にリリースされました。

メッシュ・スウェード・レザーの異なる素材を違和感なく組み合わせたアッパーはシンプルな1トーンでも奥深い表情を見せてくれます。それに加え、ユニークな分厚いソールがより独創的に演出してくれるモデルです。

スニダンでイージー 500 シリーズをCheckする


【2019年リリース】

(2019年3月)アッパーサイドに3本線を大胆に配置したアディダス イージー ブースト 700 V2 "ジオード"

イージー ブースト 700の後継モデルでもあるイージー ブースト 700 V2は、2018年12月にリリースされました。

サイドに円を描くような大きな3本線を追加し、甲の方にあったパーツを再加工し、スタイリッシュなデザインに仕上げています。

スニダンでイージー ブースト 700 V2 シリーズをCheckする


(2019年9月)イージー 500を彷彿とさせるアディダス イージー デザート ブーツ 3カラー

引用元:adidas

2019年9月に発売したこちらは、イージー 500を彷彿とさせるデザインで仕上げたブーツです。

イージーらしさが垣間見えるナチュラルな色使いに、登山靴のように見えるシルエットは、トレンドを押さえたダッドシューズ風のブーツになります。

スニダンでイージー デザート ブーツ シリーズをCheckする


(2019年12月)ミニマルなデザインが特徴なアディダス イージー スライド "ボーン"

アウトソールにシャークソールを採用し、必要最小限のシンプルなデザインを施したサンダルタイプの一足です。

見た目のインパクトもさることながら、耐候性とグリップ性に優れたEVAフォームを採用することで、機能性とデザイン性を両立したアイテムになります。また、色合いもイージーらしさを感じるシックな雰囲気も特徴の一つです。

スニダンでイージー スライド シリーズをCheckする


(2019年12月)独特なマーブル模様が特徴なアディダス イージー ブースト 380 "エイリアン"

イージー ブースト 350 V3と噂されていましたが、2019年12月に新モデルとしてリリースされたイージー ブースト380です。

シースルーのストライプラインにマーブル模様を施したデザインが特徴です。つま先からヒールにかけて太くなる極厚ブーストフォームを搭載した履き心地抜群の新モデルになります。

スニダンでイージー ブースト380 シリーズをCheckする


(2019年12月)冬仕様にカスタマイズしたアディダス イージー 500 ハイ "スレート"

2019年12月にリリースされた冬仕様にカスタマイズしたイージー 500のハイカットモデルになります。

イージー 500のダッドスニーカーライクなデザインはそのままに、足首までしっかりと固定してくれるボリューミな一足です。

スニダンでイージー 500 ハイ シリーズをCheckする


(2019年12月)より安定化を求めて進化を果たしたアディダス イージー ブースト 700 V3 "アザエル"

プライムニットの上に外骨格のようなパーツを取り付け、安定化を追求したこのモデルがバージョン3になります。

アッパーにパーツを取り付けることでプライムニットの特性を無くすマイナスの面もありますが、高い通気性を維持しつつ、程よく足をホールドしてくれる安定感を向上させた一足です。

スニダンでイージー ブースト 700 V3 シリーズをCheckする


【2020年リリース】

(2020年2月)スタイリッシュな進化を遂げたアディダス イージー ブースト 700 MNVN "ブラック"

サイドに配された「700」の文字を大きく刻み、スマートなシルエットに変更した最新モデルになります。

エアマックス 97の生みの親 クリスチャン・トレッサー氏がデザインに携わったことでも有名な一足です。

スニダンでイージー ブースト 700 MNVN シリーズをCheckする


(2020年6月)バスケットシューズ用に設計されたアディダス イージー クォンタム "バリウム"

イージー クォンタムは、バスケットシューズ用に設計された一足になります。

流動的なデザインに切り返しのはっきりしている配色が特徴的です。また足首までしっかり包み込むことで、快適な履き心地を生みます。

スニダンでイージー クォンタム シリーズをCheckする


(2020年6月)近未来的なフォルムが特徴なアディダス イージー フォーム ランナー "アララト"

足を包み込む近未来的なフォルムが特徴なサンダルタイプのイージーになります。ぽってりとしたシルエットはストリートでもモードで履けるため、ファッショニスタにはたまらないデザインです。

イージー スライドと同様のEVA素材を採用しており、通気性や軽量・耐久性などの機能性も申し分ない一足です。

スニダンでイージー フォームランナー シリーズをCheckする


【2021年リリース】

(2021年3月)剣山のようなソールが特徴的なアディダス イージー 450 "クラウド ホワイト"

こちらのスニーカーは、ニューバランスやナイキなどで数々の名作を生み出してきたイージーのデザイナーでもある「スティーブン・スミス」が手掛けたことで有名な一足です。

イージーお馴染みのプライムニット生地をアッパーに使用し、それを下から包み込むように独創的なソールパーツを配置しているのが特徴です。

スニダンでイージー 450 シリーズをCheckする


(2021年9月)無駄を一切省いたスリッポンタイプのアディダス イージー ニット ランナー "ケースパワーイエロー"

無駄を一切省いたミニマルな設計をしており、靴下のような感覚で履けるスリッポンタイプです。

ナチュラルな色合いにシンプルな2トーンカラーは、イージーらしさを感じる一足です。

スニダンでイージー ニット RNR シリーズをCheckする


(2021年11月)保温性を追求した設計を施したアディダス イージー ニット RNR ブーツ "サルファー"

ライトダウンのような素材を採用したブーツを包み込むようにイージー ニット ランナーを配置したブーツになります。

イージー スライドのシャークソールを採用しており、保温性と履き心地は秋冬シーズンに最適な一足に仕上がっています。

スニダンでイージー ニット RNR シリーズをCheckする


(2021年11月)まるでダウンジャケットをブーツしたようなアディダス イージー NSLTD ブーツ "カーキ"

イージー NSLTD ブーツは、保温性を重視した設計のブーツになります。名前にあるNSLTDは、INSULATED(断熱)の略語であり、その名に相応しいフォルムをしています。膝下まであるダウンのような素材に不思議な形状した特徴な一足です。

海外のファッショニスタやスニーカーフリークから熱い支持を受けているブーツです。

スニダンでイージー NSLTD ブーツ シリーズをCheckする


(2021年12月)プライムニットで足首全体を覆ったアディダス イージー バスケットボール ニット "スレートブルー"

前作のイージー クォンタムをベースに柔軟性に優れたプライムニットで足首全体を包み込んだ新モデルになります。

幾何学パターンのプライムニットに切り返しのはっきりしているカラーリングが特徴です。

スニダンでYeezy BSKTBL Knit シリーズをCheckする


(2021年12月)2つのモデルを融合した最新モデル アディダス イージー 350 V2 コンパクト "スレートブルー"

イージー 350 V2をベースにイージー バスケットボール ニットのデザインを融合したハイブリットモデルになります。

複雑な織りによって幾何学なパターンを表現しており、美しいカラーのグラデーションが特徴です。

スニダンでYeezy 350 V2 CMPCT シリーズをCheckする

※全て海外発売を参考にしているため、国内ではモデルの発売が前後している場合がございます。ご了承ください。

最後に

イージーの全モデルを振り返ってみてどうだったでしょうか?

イージーからリリースされるアイテムは、どれも唯一無二で独創的なデザインです。

今後、様々な進化を遂げていったイージーからどのような新作アイテムが登場するかは分かりませんが、楽しみです!

このコラムを読んで少しでも興味を持っていただけたら、他のカラーもチェックしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

スニーカーダンク パートナープログラム

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています