この記事の目次

トムサックス × ナイキ マーズヤード 2.5 について

TOM SACHS(トムサックス)とNIKE(ナイキ)のコラボレーションから人気モデル「MARS YARD2.0(マーズヤード2.0)」に続く新型モデル「MARS YARD2.5(マーズヤード2.5」が2020年後半発売予定!

TOM SACHS(トム・サックス)は、ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト。 世の中の既成品を独創的な捉え方で解釈し、ハンドメイド風に作り変える作品が特徴となっている。 2004年にはハローキティ誕生30周年記念展「KittyEX.」にてツギハギでつくられた巨大なキティ像を展示、2005年にはマクドナルドの商品をPRADAやHERMESの包装紙で包んだ作品を展示するなど、メッセージ性の強いユーモアに満ちた作品を生み出している。

2012年には、架空の宇宙船打ち上げ計画をテーマにした「SPACE PROGRAM: MARS」を開催し、NIKE(ナイキ)とのタッグ実現。 通常フットウェアでは使用しないヨットの帆や宇宙服といったマテリアルでデザインした「MARS YARD(マーズ ヤード)」を発表し、大きな話題となった。 また、2017年には同モデルをアップデートした「MARS YARD 2.0(マーズヤード2.0)」を発表し、即完売・プレミアム化となる大ヒットを飛ばした。

今回はそんなTOM SACHS(トムサックス)とNIKE(ナイキ)のコラボレーションから2017年に大ヒットを果たした「MARS YARD 2.0(マーズヤード2.0)」に続く新型モデル「MARS YARD2.5(マーズヤード2.5)」がスタンバイ!

まだ正確な画像は公開されていないがMARS YARD 2.0(マーズヤード2.0)のコンセプトでもある悪条件にも適合したモデルであると予想される。素材にはMARS YARD 2.0(マーズヤード2.0)同様に過度な使用にも耐えられ都会環境で使用するのにも適した1足に仕上がりそうだ。今までのシリーズでも配色されているスポーツレッドをアクセントにパーティクルグレーを纏わせたTOM SACHS(トム・サックス)らしい思考を凝らした作品になりそうだ。
※正確な詳細が明かされていないため引き続き調査予定!

最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!
iPhoneの方はこちら / Androidの方はこちら

トムサックス × ナイキ マーズヤード 2.5 の定価/発売日/品番

ブランド ナイキ(NIKE)
モデル その他(ナイキその他)
海外発売 2020年後半
定価 -
スタイルコード DA6701-200

トムサックス × ナイキ マーズヤード 2.5 の抽選/販売店舗

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

今日の人気スニーカーランキング

新着記事

ブランド一覧

このスニーカーを見ている人は、こんなスニーカーも見ています