ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 1枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 2枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 3枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 4枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 5枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 6枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 7枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 8枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 9枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 10枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 11枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 12枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 13枚目 via:SBD
ナイキ ドーレンベッカー フリースタイル 2019 コレクション 14枚目 via:SBD
NIKE(ナイキ)が2019年に選出されたDOERNBECHER FREESTYLE COLLECTION(ドーレンベッカー フリースタイル コレクション)全6型を公開!

Doernbecher Freestyle(ドーレンベッカー フリースタイル)コレクションとは、ポートランドにあるドーレンベッカーチルドレン病院への寄付を主目的し、NIKE(ナイキ)が2003年から行っているプロジェクトだ。毎年登場するモデルは、入院している子供たちがデザインした特別なコレクション。
子供ならではの独創的な想像力でデザインされたDoernbecher Freestyle(ドーレンベッカー フリースタイル)コレクションは、他では絶対に見られない斬新なものとなっている。

2018年のDOERNBECHER FREESTYLE COLLECTION(ドーレンベッカー フリースタイル コレクション)全6型に続く新たなモデルがラインナップ!
ベースとなったシューズは「NIKE SB ZOOM JANOSKI」、「REACT ELEMENT55」、「AIR JORDAN14」、「AIR MAX TRIAX96」 、「ZOOM PEGASUS TURBO 2」、「AIR FORCE 1」全6型。
どのシューズも6人の子供たちの個性が光ったポップなデザインに仕上がっている。

残念なことに、これまでも日本国内での発売はなかったので今回もおそらくないと思われる...。 が、子どもたちのセンスが光るデザインをCHECKしておこう!

最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!
iPhoneの方はこちら / Androidの方はこちら

エアフォース (AIR FORCE)

ナイキ(NIKE)のAIR FORCE (エアフォース)は、1982年に「公然たる秘密兵器」のキャッチコピーで華々しいデビューを飾ったナイキ(NIKE)の名作モデル。
2017年で生誕30周年を迎え、OFF-WHITE(オフホワイト)やACRONYM(アクロニウム)など有名クリエーター5名とのコラボプロジェクト「AF100」をリリースし大きな話題となった。
発売当時から現在まで進化を続けており、世界中のスニーカーヘッズを魅了している。

エアジョーダン14 (AIR JORDAN 14)

NIKE(ナイキ)AIR JORDAN 14(エアジョーダン14)は1998年に発売され、マイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズ時代に着用した最後のモデルだ。
当時のジョーダンの愛車「フェラーリ550M」からインスピレーションを受けて、マーク・スミスとティンカー・ハットフィールドがデザインを手掛けた。
エンブレムに似せたジャンプマンロゴやミッドソールの特徴的な通気口などフェラーリを彷彿させるパーツが存分に盛り込まれている またジャンプマンロゴを片足に7つ配置することで、左右合わせて14個となり、AIR JORDAN 14(エアジョーダン14)のモデル名「14」と合わせているところも見逃せない。

エアマックス (AIR MAX)

ナイキ(NIKE)のエアマックス(AIR MAX)シリーズのファーストモデルは1987年に誕生したエアマックス1(AIR MAX1)だ。 ソールからエアバッグを見ることができる世界初の技術「ビジブルエア」は、様々なナイキ(NIKE)エアマックス(AIR MAX)シリーズに使われている。 デザイン性、機能性を兼ね備え世界から愛されている。ここからエアマックス(AIR MAX)シリーズはエアマックス90(AIR MAX 90)、エアマックス95(AIR MAX 95)など次々と新作モデルを世界に排出し社会現象にまでもなった。また、エアマックス(AIR MAX)シリーズはオフホワイト(OFF-WHITE)やシュプリーム(SUPREME)などともコラボするほどの人気シリーズだ。 さらにエアマックス(AIR MAX)シリーズは復刻モデルや限定デザインは即完してしまう人気振りでありナイキ(NIKE)シリーズの中でも大変人気なシリーズだ。

リアクト エレメント (REACT ELEMENT)

REACT ELEMENT(リアクト エレメント)は、2018年6月にファーストカラーがドロップした現代のトレンドを捉えたモデル。
2018年9月には「UNDERCOVER」とのコラボモデルが4カラーがドロップし、大きな話題となった。
半透明のアッパーにコルクインソールを採用した「87」と、素材をダウングレードすることで手頃な値段へと抑えた「55」がラインナップしており、どちらも独特なリアクトテクノロジーを採用したソールユニットを搭載している。

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気スニーカーランキング

新着記事

ブランド一覧

注目の特集記事!