ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド
ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン ライトボーン/ユニバーシティレッド

NIKE(ナイキ)の「AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)」からSNAKESKIN(スネークスキン)をライトボーンで構築したカラーが6月1日に発売予定!

AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)は、1995年にNBAへ電撃復帰したマイケル・ジョーダンから、「フォーマルシューズのようなドレスアップしたスタイル」という要望を受け、NIKE(ナイキ)の天才デザイナー、ティンカー・ハットフィールドが実現化させた一足だ。
アッパーは、既存のナイロンとレザーに加え、光輝くパテントレザーを贅沢に使用。今までにはなかったゴージャスでワンランク上のデザインとなっている。

今作は、そんな「AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)」のSNAKESKIN(スネークスキン)モデルからライトボーンで構築したカラーが登場だ!
2001年にリリースされたSNAKESKIN(スネークスキン)は、蛇柄とホワイトレザーの絶妙なバランスから当時絶大な人気を誇ったAIR JORDAN 11(エアジョーダン11)の名作デザイン。
2019年4月に復刻が予想されているが、そこに併せてライトボーンカラーもラインナップしているとのこと。
アッパーを上質を柔らかいライトボーンで配色し、本来パテントレザーを使われる場所にはSNAKESKIN(スネークスキン)を採用。
インソールは鮮やかなレッドで染め上げることで強烈なインパクトを醸し出す。

2019年1月31日 追記 ・詳細を捉えた新たな写真を入手!

最新情報が入り次第、本サイト(スニーカーダンク)で更新予定!
スニーカーダンク公式LINE@を友達登録して最新情報を見逃すな!

画像引用元:SBD,hanzuying

購入方法(発売時の取扱店舗)

直リンクをLINEでお知らせ!

販売情報が入り次第「スニーカーダンク公式LINE@」で配信!

このスニーカーの詳細

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

今日の人気スニーカーランキング

新着記事

ブランド一覧

注目の特集記事!

他の人はこちらもチェック!

ナイキ エアジョーダン11 プラチナ ティント【10/27発売】

NIKE(ナイキ)の「AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)」からホワイト×レッドの新色「プラチナ ティント」が10月27日に発売予定! AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)は、1995年にNBAへ電撃復帰した

ナイキ エアジョーダン11 スネークスキン【4/19復刻】

NIKE(ナイキ)の「AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)」から絶大な人気を誇ったSNAKESKIN(スネークスキン)が2019年4月19日に復刻予定! 2018年4月11日 追記 ・日本国内も4月19日に復刻発売!atmosが

ナイキ エアジョーダン12 インターナショナル フライト ジャパン【9/8発売】

NIKE(ナイキ)の「AIR JORDAN 12(エアジョーダン 12)」から日本をフューチャーした新作が9月8日に発売! AIR JORDAN 12(エアジョーダン 12)は、1997年に発売され、旭日旗を連想させる放射状のステッ

ナイキ エアジョーダン11 レトロ ロー ボルト【8/16発売】

NIKE(ナイキ)の「AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)」からネオンイエロー×エレファントの新色が8月16日に発売予定! AIR JORDAN 11(エアジョーダン11)は、1995年にNBAへ電撃復帰したマイケル・ジ