【編集部コラム】コラボの度話題沸騰!Off-white × Nikeの歴代コラボモデルまとめてみた 1枚目 via:SNKRS

この記事の目次

オフホワイト × ナイキ 歴代コラボモデルまとめについて

こんにちは!スニーカーダンク編集部のもっちゃんです!

発売の度に大きな話題となるOff-white(オフホワイト)とNike(ナイキ)のコラボスニーカー。
最近だと人気モデルDunk(ダンク)を50通りのカラーウェイでリリースしたOff-white × Nike "The 50"が記憶に新しいですが、NIKE(ナイキ)とOff-white(オフホワイト)のコラボプロダクトは、スニーカーヘッズに多大な影響を及ぼすほどの話題性があります。

今回は、Off-white × Nike(オフホワイト × ナイキ)のこれまでのコラボの歴史とそのモデルを振り返っていきましょう!

1, Off-white(オフホワイト)とは?

Off-white(オフホワイト)はイタリア発祥のストリートファッションブランドで、アメリカのファッションデザイナー"Virgil Abloh"(ヴァージル・アブロー)の手によって2012年にミラノで設立されたのが始まりです。
独立店舗をはじめ世界各国で販売されていて、日本においても伊勢丹や各セレクトショップなどで積極的に取扱われています。国内だと渋谷・原宿界隈で着用している人をよく見かけますね。

ブランドアイテムとして様々な形式の引用符や、ジップネクタイ、鮮やかなイエローが印象的なバックルベルトデザイン、十字を形成するように配置された4方向矢印など、アイコニックなモチーフが使用されており、Off-white(オフホワイト)の代表的なデザインとなっています。

スニーカーやストリートファッションとの相性も良いので、スニダンのユーザーの中にも好んで着用しているユーザーが多いのではないでしょうか。

最近では、デザイナーのVirgil Abloh氏(ヴァージル・アブロー)が、あの世界的ラグジュアリーブランドLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のメンズラインデザイナーに就任しており、それに伴ってOff-white(オフホワイト)の注目度もより高まっているのです。

2, いつからコラボモデルが出てるの??

Off-white(オフホワイト)とNike(ナイキ)のコラボは2017年から始まっており、コラボ開始4年目にして、これまでになんと50以上ものコラボモデルが登場しています。

ここまでコンスタントにコラボを行うコンビも珍しいため、Off-white(オフホワイト)とNike(ナイキ)のコラボは発表されるたびに高い注目を集めているのです。

"THE TEN" Collection

コラボプロダクトの原点となった記念すべきファーストコラボ"THE TEN" Collection(ザ・テン コレクション)では、"REVEALING"と"GHOSTING"の2つのテーマに沿ってデザインされた10足のスニーカーが、構想から2017年11月のリリースまで10ヶ月を要した期間で展開されました。

通常モデルとは異なるパーツの配置や素材を用いてスニーカーを再構築し、あえて不完全な印象を与えるOff-white(オフホワイト)らしい遊び心あふれるデザインが最大の特徴です。 このコレクションのモデルはどれも数十万円ほどのプレ値で取引されており、NIKE(ナイキ)とのコラボモデルの中でも絶大な人気を誇っています。

本コレクションでは、Nike(ナイキ)の"レジェンド・オブ・スニーカー"Air Jordan 1(エアジョーダン1)をはじめ、Air Max 90(エアマックス90)、Air Presto(エアプレスト)、Air Vapormax(エアヴァイパーマックス)、Blazer(ブレーザー)など、Nike(ナイキ)の人気モデルが続々登場しました。

結果的に"THE TEN" Collectionが、Off-white(オフホワイト) × Nike(ナイキ)コラボの存在を世に知らしめるきっかけとなったといっても過言ではありません。

3, 人気のコラボモデル

クリエイティブディレクター、DJ、デザイナーなど様々な顔を持つVirgil Abloh氏(ヴァージル・アブロー)。
自身の多方面の活動で培ってきた音楽や建築学など、異なるジャンルの要素を組み合わせることで、これまでにない新しいデザインが多く誕生しました。
ここからはOff-white(オフホワイト) × Nike(ナイキ)コラボの中でも、特に人気のモデルを見ていきましょう。

Off-white × Nike THE TEN Air Jordan 1 "Chicago"


"THE TEN" Collection(ザ・テンコレクション)内のモデルの1つで、Off-white(オフホワイト) × Nike(ナイキ)コラボの中でも1番有名なモデルではないでしょうか。Air Jordan 1(エアジョーダン1)の人気カラー"Chicago"をベースに、Off-white(オフホワイト)らしいアレンジを加えることで、唯一無二の存在感を醸し出しています。

Off-white × Nike THE TEN Air Force 1 Low


同じく"THE TEN" Collection(ザ・テンコレクション)で展開されたモデル。オールホワイトのAF1をベースに、パーツごとに異なる素材やカラーを用いる事でカジュアルながらも透明感のあるデザインになっています。

Off-white × Nike Air Jordan 1 "White"


こちらはヨーロッパ限定で2018年3月3日に発売されたAJ1ベースのコラボモデル。オールホワイトでスタイリッシュにデザインされた本作は日本での流通が圧倒的に少なく、Off-white(オフホワイト) × Nike(ナイキ)コラボの中でも高いプレ値で取引されています。

Off-white × Nike Air Jordan 1 UNC "White/Dark Poeder Blue"


Air Jordan 1(エアジョーダン1)としては3作目となるコラボモデル。Dunk(ダンク)などに使われているユニバーシティーブルーを採用しており、差し色のオレンジがよく映えるデザインとなっています。

Off-white × Nike WMNS Air Jordan 4 SP "Sail"


コラボモデルの中では珍しいウィメンズタイプでリリースされたAJ4。全体がセイルカラーで統一された美しい一足に。Virgil Abloh氏(ヴァージル・アブロー)によるとメンズモデルのリリースも予定されているようですが、現状ではウィメンズのみの展開となっています。

Off-white × Nike Dunk Low "White/Pine-Green"


大人気のDunk(ダンク)とOff-white(オフホワイト)のコラボモデル。シューレースを二重に重ねるというユニークかつ大胆なデザインが話題となりました。本モデルは3カラーで展開され、その中でもグリーンは人気カラーとなっています。

Off-white × Nike Dunk Low "University Red"


同モデルのユニバーシティレッドカラー。

Off-white × Nike Dunk Low "University Gold/Midnight Navy"


同モデルのユニバーシティゴールド/ミッドナイトネイビー。

Off-white × Nike Dunk Low 1 of 50 "Lot1"


最新コラボとなるOff-white(オフホワイト) × Nike(ナイキ)"The 50"のLot1となるホワイトカラー。本プロダクトはDunk(ダンク)をモデルに異なる50色のカラーウェイを展開するという一大プロジェクトで、企画がリークされた段階で大きな話題となっていました。また日本国内で販売されなかったカラーも多く、どのロットのモデルも高値で取引されています。

Off-white × Nike Dunk Low 1 of 50 "Lot50"


本作は希望のカラーを任意で選択して購入することはできず、Nike(ナイキ)側からユーザーに限定オファーをかけるという新しい試みが行われました。そのため、50通りあるどのカラーリングもプレ値で取引されており、特にLot1のホワイトとLot50のブラックは群を抜いて人気が高いです。

4, まとめ

今回は、Off-white(オフホワイト)とNike(ナイキ)の人気コラボモデルについて振り返りました。2017年から始まった両者のコラボプロダクトはとてつもないほどの影響力と話題性を秘めています。

今後も新たなコラボモデルがコンスタントにリリースされる可能性が高いので、気になるユーザーは情報をこまめにチェックしましょう!

また、本記事では紹介しきれなかったモデルもスニダンでは取り扱っています。

気になる方はぜひOff-white(オフホワイト)コラボモデルをチェックしてみてくださいね♪

最新情報が入り次第、スニーカーダンクで更新予定!
スニーカーダンク公式アプリ(無料)で最新情報をお届け!
iPhoneの方はこちら / Androidの方はこちら

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

今日の人気スニーカーランキング

新着記事

ブランド一覧

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています