【ポケカ】《ゾロアークバレット》のデッキレシピと戦い方/対策方法

発売前にTwitterでお知らせ!

このスニーカーの追加情報や購入方法を発売前に公式Twitterでツイート中!

【ポケカ】《ゾロアークバレット》のデッキレシピと戦い方/対策方法について

『ポケモンカードゲーム』(ポケカ)の《ゾロアークバレット》のデッキレシピと戦い方について解説しています。

「ゾロアーク」のもつ特性〈げんえいへんげ〉で、トラッシュの1進化ポケモンと入れ替えることによって、相手の弱点をつきながら戦うトリッキーなデッキです。

TEXT:イズルード南


《ゾロアークバレット》のデッキレシピ

ポケモン (23)枚数グッズ (15) 枚数
ゾロア
S6a 049/069
4枚 レベルボール 3枚
ゾロアーク
S6a 050/069
4枚 ハイパーボール 4枚
ライチュウ
S12 025/098
1枚しんかのおこう2枚
テールナー
S11a 017/068
1枚レスキューキャリー2枚
アップリュー
S7R 050/067
1枚ふつうのつりざお1枚
タルップル
S7R 051/067
1枚ふうせん2枚
グラエナ
S9a 050/067
1枚こだわりベルト1枚
ヤドラン
S10b 020/071
1枚サポート (10)枚数
バサギリ
SLL 009/021
1枚キバナ4枚
マナフィ
S9 031/100
1枚 セレナ1枚
ダイノーズ
S9 067/100
1枚博士の研究(ナナカマド博士)2枚
かがやくジラーチ
S11a 045/068
1枚 ボスの指令(アカギ)1枚
チラーミィ
S9 085/100
3枚
チラチーノ
S4a 143/190
2枚
エネルギー (12)枚数 スタジアム (3) 枚数
ツインエネルギー 4枚ポケストップ2枚
ダブルターボエネルギー 4枚 頂への雪道 1枚
キャプチャーエネルギー 1枚

「ゾロア」と「ゾロアーク」はこのデッキのキーポケモンとなるため、最大数の4枚採用です。

〈げんえいへんげ〉で入れ替えることのできる対象は1進化ポケモンのため、進化前のたねポケモンを入れずに進化先だけ採用しています。

1進化ポケモンは無色エネルギー2つでワザを使うことのできるポケモンを採用しているため、「ツインエネルギー」と「ダブルターボエネルギー」が最大採用数です。

《ゾロアークバレット》の戦い方

先攻での基本戦術

バトル場はなるべく「かがやくジラーチ」でスタート。
このデッキは平均的にHPが低いため、後攻1ターン目からバトル場のポケモンがきぜつしてしまう可能性が高い。
そのため、「ゾロアーク」に進化させたい「ゾロア」をバトル場に出さない。
「ゾロアーク」に進化させることができなければこのデッキの真価は発揮されないため、「ゾロア」をきぜつさせないように立ち回る。
先行2ターン目以降、「ゾロアーク」に進化することができた場合、相手のポケモンの弱点によって〈げんえいへんげ〉でいれかえるポケモンを選びながら戦う。

後攻での基本戦術

バトル場は「かがやくジラーチ」でスタート。
後攻の場合、「博士の研究」や「セレナ」といったサポートによって手札の1進化ポケモンをトラッシュに送りながら山札を引くことができる。
先行2ターン目の相手からの攻撃を凌ぎつつ、次に〈げんえいへんげ〉ができるようになるべく「ゾロア」を複数場に出しておく。
2ターン目以降は先行の戦術と同じく、相手の弱点のポケモンに入れ替わりながら戦う。

《ゾロアークバレット》と相性の良いカード

「ツインエネルギー」

特殊エネルギー このカードは、ポケモンについているかぎり、エネルギー2個ぶんとしてはたらく。
「ポケモンV・GX」についているなら、エネルギー1個ぶんとしてはたらく。
収録パック
  • 無色2つ分のエネルギーを1枚で補うことができる。
  • 「ダブルターボエネルギー」と違ってダメージが下がらない。
  • 「ダブルターボエネルギー」と4枚ずつ入れることが可能。

「ポケストップ」

スタジアム おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の山札を上から3枚トラッシュしてよい。
その場合、その中にあるグッズをすべて、相手に見せて、手札に加える。
スタジアムは、自分の番に1枚だけ、バトル場の横に出せる。別の名前のスタジアムが場に出たなら、このカードをトラッシュする。
収録パック
  • 1進化ポケモンをトラッシュしたいので、デメリットが少ない。
  • 「しんかのおこう」や「レスキューキャリー」といった、手札に持っておきたいグッズに手が届きやすい。

「ヤドラン」

ワザ あくび
相手のバトルポケモンをねむりにする。
かれいなるかけ
コインを3回投げ、オモテの数×100ダメージ。すべてウラなら、この対戦は自分の負けになる。
収録パック
  • 「ツインエネルギー」でワザを使うことができる。
  • ワザ〈たそがれのひらめき〉で、相手のサイドが1枚の時、サイドを2枚取ることができるため逆転が可能 。
  • ワザ〈ぐるぐるタックル〉もダメージを出しながらねむりにできるため優秀。

《ゾロアークバレット》の対策方法

「ジュラルドンVMAX」

HP 330
特性 まてんろう
このポケモンは、特殊エネルギーがついている相手のポケモンから、ワザのダメージを受けない。
ワザ キョダイフンサイ
このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。
特別なルール ポケモンVMAXがきぜつしたとき、相手はサイドを3枚とる。
収録パック
  • ドラゴンタイプの弱点がないポケモンVMAX。
  • 特性〈まてんろう〉で、特殊エネルギーのついている相手のポケモンからワザのダメージを受けないため、基本エネルギーを採用しない《ゾロアークバレット》に強く出られる。

「ロストシティ」

スタジアム おたがいのポケモンがきぜつするたび、そのポケモンはトラッシュせずに、ロストゾーンに置く。(ポケモン以外のカードは、すべてトラッシュする。)
スタジアムは、自分の番に1枚だけ、バトル場の横に出せる。別の名前のスタジアムが場に出たなら、このカードをトラッシュする。
収録パック
  • お互いの場のポケモンがきぜつするたび、そのポケモンはトラッシュにいかずロストゾーンに送られるスタジアム。
  • 《ゾロアークバレット》に採用される1進化ポケモンは種類が多いため、それぞれが1枚ずつという採用数。
  • そのため1度弱点をつかれても、相手をロストゾーンに送ることができればもう一度弱点をつかれる可能性はかなり低い。
  • また「ゾロア」をロストゾーンに送ることができれば、「ゾロアーク」に進化できるタイミングも少なくなるため、積極的に狙う。

関連記事

デッキレシピ

レジエレキクワガノン ルギアゲンガー
ミュウVMAX ロストギラティナ
ロストバレット アルセウスギラティナ
アルセウスジュラルドン ロストヌメルゴン
ドガスダイナ

BOX情報

VSTARユニバース パラダイムトリガー
白熱のアルカナ ロストアビス
Pokémon GO ダークファンタズマ
タイムゲイザー スペースジャグラー
バトルリージョン スターバース
VMAXクライマックス 25th ANNIVERSARY COLLECTION
フュージョンアーツ 摩天パーフェクト
蒼空ストリーム イーブイヒーローズ
白銀のランス 漆黒のガイスト
双璧のファイター 一撃マスター
シャイニースターV 仰天のボルテッカー
伝説の鼓動 ムゲンゾーン
爆炎ウォーカー 反逆クラッシュ
VMAXライジング ソード
シールド


引用元
ポケモンカードゲーム公式ホームページ

権利表記
©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

新着投稿

みんなの投稿をもっと見る

写真や雑談を投稿

スニダンかんたんショップ

今日の人気記事

新着記事

この記事を見ている人は、こんなスニーカー・アパレルも見ています