アディダスの2017年売れてるスニーカーシリーズ紹介〜誕生秘話まで!アディダス(adidas)を徹底解剖!

歴史あるスニーカーブランド「アディダス(adidas)」の誕生秘話から、スーパースター (SUPERSTAR)やスタンスミス (Stan Smith)、イージーブーストなどアディダス(adidas)の人気スニーカーシリーズ紹介まで、アディダス(adidas)を徹底解剖します。

アディダス(adidas)の人気スニーカー紹介

アディダス(adidas)の誕生

アディダス (adidas)は1948年設立。ドイツのバイエルン州に本社を構えるスニーカーやスポーツウェアなど、スポーツ関連の商品を扱う企業。
1920年にダスラー兄弟「ルドルフ(兄)」「アドルフ(弟)」が、「ダスラー兄弟商会」を設立。兄のルドルフは優秀な営業マン、弟のアドルフは腕のいい靴職人としてビジネスは大きく成長した。しかし経営方針の相違から1948年に「ダスラー兄弟商会」を解消。弟のアドルフは「アディダス(adidas)」社を設立。兄のルドルフはRUDA社を設立した(これが翌1948年にプーマ(PUMA)社)。
ここからアディダス(adidas)の歴史が始まり、スニーカー界だけではとどまらず、ファッション、スポーツ、音楽(とくにヒップホップ界)に多大な影響を与える。特に音楽界には強い結びつきを形成したパイオニアと言って良いだろう。

アディダス(adidas)ダスラー兄弟

アディダス(adidas)のロゴ

1949年に商標登録。アディダス(adidas)といえばスリーストライプス(3本線)だ。
スリーストライプス(3本線)の意味は、3本のバンドで補強したスニーカーが始まり。この頃の革製のスポーツシューズ(スニーカー)は、履くうちに中足部が伸びてしまうことがよくあり、それを3本のバンドで補強した。そしてその3本のバンドをデザインとしても表現するようになり、アディダス(adidas)のロゴは生まれた。
アディダス(adidas)ロゴの歴史
現在使われているアディダス(adidas)のロゴは4代目であり、1代目(創業〜1971年)はadidasの2つのdが上に伸びたロゴ、2代目(1972年〜1995年)は古代スポーツで勝者に送られる「月桂(げっけい)樹の冠」をモチーフにしたトレフォイル(三つ葉のロゴ)。3代目は目(1997年〜?年)は最高パフォーマンスをアスリートから引き出す商品(スニーカー)に付けるロゴとして1990年に生まれた「イクイップメントロゴ」が正式にコーポレートロゴとして採用。そして現在使われている4代目ロゴはアディダス(adidas)ブランド全体を表現した「アディダス ブランド」のロゴだ。
ちなみに現在は
・最高のパフォーマンスをアスリートが実現する「アディダス スポーツパフォーマンス」ロゴ。
・伝説の商品(スニーカー)や、世界的に有名なクリエイターとのコラボレなどをストリートスポーツウェアとして展開する「アディダス オリジナルス」ロゴ。
・スポーツとファッションの融合により、新たな価値創造をした「Y-3」「adidas SLVR」「adidas NEOレーベル」「ポルシェデザイン スポーツ」などのファッショングループを総称した「アディダス スポーツスタイル」ロゴ。
・アディダスブランド全体を表現した「アディダス ブランド」のロゴ。
の4つのロゴが使用されている。
アディダス(adidas)ロゴ4タイプ
ちなみに「アディダス(adidas)」は創業者ダスラー・アドルフの愛称「アディ」と「ダスラー」をつなげたものだ。

アディダス(adidas)スニーカーの特徴

歴史が20世紀前半までさかのぼるアディダス(adidas)ブランドは、長くスポーツシューズ(スニーカー)界の最先端に立ち、スポーツ、ファッション、音楽など数え切れないほどのサブカルチャーに影響を与えてきた。
音楽界(特にヒップホップ)との結びつきを形成したパイオニアであり、1986年のRun-DMCとの画期的なコラボレーションで、「マイ・アディダス”Run-DMCスパースター ヴィンテージ」を生み出した。Run-DMC(ヒップホップグループ)が曲の中で「スリーストライプ」を叫んでから25周年を記念したものだ。

マイ・アディダス”Run-DMCスパースター ヴィンテージ

2001年から山本耀司とのコラボ「Y-3」を通してハイファッションとの長期的な関係も築き、2003年にはニューヨークのアーティスト集団「Alife」とのコラボで「トップテン」の限定版を生み出した。
このようにアディダス(adidas)はコア商品を派生させた、既成概念を打ち破るスニーカーモデルを次々を生み出してきた。
最高のパフォーマンスをアスリートが実現する「アディダス スポーツパフォーマンス」では最新テクノロジーを取り入れ、アスリートの動きを強化するスニーカーをつくり、伝説の商品(スニーカー)や、世界的に有名なクリエイターとのコラボレなどをストリートスポーツウェアとして展開する「アディダス オリジナルス」ではアディダス(adidas)の代表するクラシックモデルが新しい解釈で再リリースされ、人々を夢中にする。
これらの商品はクラス別に販売され、最上級カテゴリの「コンソーシアム」は創造性の発揮と追求を目指したラインであり、アディダス(adidas)のコラボ企画の最先端を走っている。最近のコンソーシアム「Bサイド」はとくにスニーカーコレクターの注目度が高い。
カジュアルウェア「SLVR」を含む「スタイル」ラインの人気は言うまでもないだろう。

この10年間にアディダス(adidas)は様々なアーティストや他業界の有名人とのコラボで、驚くほど多様なスニーカーを生み出してきた。
ジュミレー・スコットのような超有名ファッションデザイナーとのコレクションもあれば、カニエ・ウエスト、アンディフィーテッド、クルックドタンズ、フットパトロール、A BATHING APEのような業界のキープレイヤーとコラボしたものまで様々だ。
また「キャンパス」「スーパースター」「ZX」をはじめとするクラシックモデルは、何度もデザインを見直し、スニーカーヘッズの人気を再熱させるとともに。目を引きつけて離さないモデルへと進化している。

アディダス(adidas)スニーカーの2017年人気シリーズ(モデル・コレクション)

スーパースター (SUPERSTAR)

アディダス(adidas)スーパースター (SUPERSTAR)スニーカー
アディダス(adidas)のスニーカーといえばこのスーパースター(SUPERSTAR)シリーズだろう。
世界中で愛されるシリーズであり、2015年に生誕45周年を迎えた。
「80sヴィンテージデラックス」という復刻モデルも発売し、世界中で再ブレイク。
アッパーサイドに施された3本のストライプやペラっとしたシュータン、天然皮革のアッパー素材、貝殻をモチーフにしたつま先のシェルトゥなど、アディダス(adidas)スニーカーの代名詞だ。
バスケットボールから始まりストリートカルチャーでも多くの有名ミュージシャン(ラッパー)たちが愛用した。
サブカルチャーと共に世界中で愛されるアディダス(adidas)を代表する人気スニーカーだ。

スタンスミス (Stan Smith)

アディダス(adidas)スタンスミス (Stan Smith)スニーカー
1973年に偉大なテニスプライヤー「スタン・スミス」を称えるために生まれたのが「スタンスミス (Stan Smith)」シリーズだ。
「世界で最も売れたスニーカー」としてギネスブックにも認定されたこのシリーズを知らない人はいないのではないだろうか?
アディダス(adidas)の代名詞でもあるスリーストライプはパンチングにより施され、履いてることで蒸れることが難点のレザースニーカーに通気性を産み出した画期的なシリーズだ。
2014年には2年ぶりに復刻され、大きな話題を呼んだ名品スニーカーであり、シンプルな見た目から様々なコーデにも履きこなせる定番であり大人気人気スニーカー。

ウルトラブースト (ultraboost)

アディダス(adidas)ウルトラブースト (ultraboost)スニーカー
ランナーのために誕生したシリーズが「ウルトラブースト (ultraboost)」だ。
BOOSTフォームを採用したミッドソールと、クッション性や反発性に優れたアウトソールにより疲れにくいことを実現した画期的なランニングシューズ。
普段履きにもランニングにも適したスニーカーであり、スタイリッシュなデザインから大人気のため、入手困難なことで知られる。

ゼットエックス (ZX)

アディダス(adidas)ゼットエックス (ZX)スニーカー
ウルトラブースト (ultraboost)と同じくランナーのために誕生したシリーズが「ゼットエックス (ZX)」シリーズだ。
初代「ZX500」からはじまり、足のネジレに着目した「トルション」と呼ばれるテクノロジーを搭載したZX8000のなど、ランナーに絶大な人気を誇る。
最近では世界中の著名なセレクトショップなどでもエクスクルーシブモデルが展開、スリッポンタイプなど多くのモデルを生み出した。
機能性はもちろん、目を惹くカラーリングや可愛らしくもスタイリッシュなデザインでランナーのみならず世界中で愛される高い人気を誇るスニーカーだ。

カントリー (COUNTRY)

アディダス(adidas)カントリー (COUNTRY)スニーカー
1973年にクロスカントリーに特価して生まれたのが「カントリー (COUNTRY)」シリーズだ。
映画「ビバリーヒルズコップ」にて「エディーマーフィー」が履いていたことで爆発的な人気を獲得し、定番クラシックスニーカーとしいて君臨し続ける名作だ。
アディダス(adidas)独自の製法が生み出す高いクッショニング性、スムースレザーのアッパーと細めのシルエットにガムラバーのアウトソールは、シンプルでカジュアルなスタイルを確立し、スーパースターやスタンスミスと並ぶアディダス(adidas)の代表的シリーズとして、長きに渡ってスニーカーヘッズに愛され続けている。

キャンパス (CAMPUS)

アディダス(adidas)キャンパス (CAMPUS)スニーカー
アディダス(adidas)のオールドスクールスタイルを持ったバスケットボールシューズといえば、この「キャンパス (CAMPUS)」シリーズだ。
1993年のリリース直後は、スーパースターの影に隠れ不人気なシリーズと思われていたが「ビースティーボーイズ」などのアーティストが履いたことにより徐々に人気が上昇。
今ではスーパースターなどと同じく、ローテクスニーカーの代表格の地位を築き、シンプルで飽きのこないデザインから様々な国で生産され世界中で愛される不朽の名作スニーカーだ。

ピュアブースト (PureBOOST)

アディダス(adidas)ピュアブースト (PureBOOST)スニーカー
ウルトラブースト (ultraboost)と同じく「BOOSTフォーム」を採用したランニングシューズシリーズが「ピュアブースト (PureBOOST)」だ。
ハイテクスニーカーをストリートシーンのテイストにアレンジし、ランナーのみならずファッションシーンにも適応した。
ステラマッカートニーとのコラボでも起用されるアディダス(adidas)の注目シリーズだ。

チュブラー (TUBULAR)

アディダス(adidas)チュブラー (TUBULAR)スニーカー
次々に新作を生み出し注目を集めているシリーズが「チュブラー (TUBULAR)」だ。
ウーブンニット素材やネオプレーンを用いてアッパー部分がソックス仕様になっており、ストリートシーンのトレンド要素を大胆に取り込んだデザインが特徴的。
今後の新作にも目が離せない今ホットなシリーズだ。

ガッツレー (GAZELLE)

アディダス(adidas)ガッツレー (GAZELLE)スニーカー
1966年にトレーニングシューズとして誕生したシリーズが「ガッツレー (GAZELLE)」だ。
初期のガッツレー (GAZELLE)はガゼルの皮革が使用され、その後時代に合わせ様々なスペックやモデルが登場するが、全体のシルエットは変わらずレトロなスタイルが支持される人気のスニーカー。
多くの有名人に愛され、キャンパスやスーパースターと並ぶアディダス(adidas)の代表シリーズとなった。
また、キャンパスとデザインが似ているため間違われることがあるが、キャンパスが外羽根式に対してガッツレーは内羽根式的。
洗礼されたディティール、豊富なカラーバリエーションでメンズ・レディース問わずアディダス(adidas)の人気シリーズだ。

adidas Originals by KANYE WEST (YEEZY) / コラボスニーカー

アディダス(adidas)adidas Originals by KANYE WESTスニーカー
世界的に有名なヒップホップMC「カニエ・ウェスト」とコラボしたシリーズが「adidas Originals by KANYE WEST」だ。
カニエ・ウェストは世界中で数々のヒット曲を生み出しており、2015年時点でグラミー賞に57回ノミネート(うち21回受賞)を果たす誰もが知るミュージシャンであり、ヒップホップMCであり、音楽プロデューサーだ。
もとはNIKE(ナイキ)にてコラボスニーカーシリーズをリリースしていたが、デザイン料の問題で決別しアディダス(adidas)と契約を交わした。また音楽共有サービス「サウンドクラウド」に公開した「FACTS」という曲がNIKE(ナイキ)に攻撃的な内容として物議を呼んだ。
コラボスニーカーは爆発的なヒットを生み出した「ADIDAS YEEZY BOOST 350 (イージーブースト350)」から始まり「YEEZY BOOST 750 (イージーブースト750)」、「ADIDAS YEEZY 950 BOOT (イージー950ブースト)」など様々な名作スニーカーを生み出した。どのモデルも爆発的な人気であり、今でも購入が容易ではない。

adidas Originals by HYKE / コラボスニーカー

アディダス(adidas)adidas Originals by HYKEスニーカー
世界的に有名なファッションブランド「HYKE(ハイク)」とコラボしたシリーズが「adidas Originals by HYKE」だ。
HYKE(ハイク)とアディダス(adidas)、両方の個性を重ねながらも現代的な目線で再構築したデザインによって「2015SS」から4シーズンにわたり世界中で人気を誇っている。
また歩数計機能を搭載した「マイクロペーサー」など、まだまだ新作が次々と登場している。

adidas Originals by JEREMY SCOTT / コラボスニーカー

アディダス(adidas)adidas Originals by JEREMY SCOTTスニーカー
世界的に有名なファッションデザイナー「ジュレミー・スコット」とコラボしたシリーズが「adidas Originals by JEREMY SCOTT」だ。
アディダス(adidas)が生み出す、奇抜で派手なデザインのスニーカーはこのジュレミー・スコットとのコラボシリーズが多く、様々ニュースやファッション誌取り上げられている。
強い個性を持ったスニーカーデザインが多く、とにかく奇抜で先進性の高いのが大人気でありインパクト絶大だ。

adidas by RICK OWENS / コラボスニーカー

アディダス(adidas)adidas by RICK OWENSスニーカー
世界的に有名なファッションブランド「RICK OWENS (リック・オウエンス)」とコラボしたシリーズが「adidas by RICK OWENS」だ。
近未来的デザインが特徴的なRICK OWENS (リック・オウエンス)とのコラボはスニーカーだけにとどまらず、ブーツコレクションなども生み出した。そのファッション性の高さから圧倒的な人気を誇る。

発売直前にLINEでお知らせ!

LINE@を友達追加でこのスニーカーの追加情報・発売前日アラートをお届け!

LINEで友達追加
LINE@を友達追加でこのスニーカーの
追加情報・発売前日アラートをお届け!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事(スニーカー)

この記事(スニーカー)に関連するタグ